2016年11月23日水曜日

京都の近代化遺産ゆ〜ルーテール 賀茂川教会


地下鉄北大路駅の北口から賀茂川に
向かってすぐのところにある教会。

日本福音ルーテル教会の
賀茂川教会」も
ヴォーリズ建築です。
博多ルーテル教会(1916年 )、
久留米ルーテル教会(1918年)、
九州学院ルーテル教会(1925年)
ともにヴォーリズの
設計によるそうです。

教会は当初「恩寵教会」と
名乗っておられたようですが、
1970年に「賀茂川教会」と改称、
のぞみ保育園」を併設されました。

保育園部分も
デザインを踏襲しています。

塔屋を備える外観は橙色系、
室内は白色で統一されているとか…

1954年に
ヴォーリス建築設計事務所
設計により建てられました。



シンプルでありながらアーチ窓など、
丁寧にかつ頑丈でフォルム、
簡素な表情には健全性と実用性を
秘めているように映ります。

ルーテル教会は、
1517年にマルチン・ルター
宗教改革でドイツに誕生した教会。
日本に伝わってきたのは1893年、
佐賀 明治橋通にあるとある借家で
初めての礼拝が行われたそうです。
佐賀の地に最初の
ルーテル教会堂が建てられたのが、
1900(明治33)年のこと。

会堂はノアの箱舟
イメージして設計されたとか。

宣教50周年の記念事業として、
2005年に改修工事が施され、
今に至ります。

「日本福音 ルーテル賀茂川教会」
竣工年:1954(昭和29)年
設計 :ヴォーリス建築設計事務所