2016年11月8日火曜日

イケフェス 2016〜 船場ビルディング

空ととっても仲良しな
テナントビル
「船場ビルディング」へ。

イケフェス2016 船場ビルディング

[特別公開] 定員 なし
日時=11/5(土)・6(日) 両日とも11時~16時
 建築系やデザイン系のオフィスが入居する
 『船場ビルディング』。一歩中に入れば、
 そこには何とも居心地のいい空間が広がります。
 都心の真ん中の、
 伸びやかな空と緑をぜひ体験してください。

1925年(大正14年)の建設当時は、
店舗や事務所とあわせ、
いわゆる地下スペースと1階が
メゾネット方式という併用住宅、
そんな使い方がされていたそうです。

少し勾配のある
エントランスをくぐると…

別の場所に誘われたのかと錯覚。

ベンチと植栽の置かれた中庭は、
ビル内にありながらも、
異国の路地のような雰囲気。
1階に敷かれている木レンガ
伝えられるところによると、、
荷馬車を直接引き込ませるため。



あたりの喧騒とは一線を画す、
別世界のつくり出しが見事。

廊下の手すりや窓やドア…











階によってすこしづつ違う印象が、
奏でられていました。

バブル崩壊後には空室も目立ち、
取り壊されようとしていたのを、
当時4階に入居していた
環境デザイナー 二見恵美子さんの
働きかけにより改装。

通り沿い店舗のテントやドア、
回廊に面した部屋の看板などの
ビルディングとしての統一感が、
まさに甦りとなったのです。







20年ほど前までは、
中庭に荷物や自転車が置かれ…
自販機がならぶ、
まさに雑然とした状態だったとか。



















二見さんが手がけた空中庭園
「AR COURT」はすでに閉園だが、
屋上緑化は今も施されていました。



屋上にはお稲荷さんも。






45 船場ビルディング
所在地 :中央区淡路町2-5-8
建設年 :1925年
設計  :村上徹一