2016年11月7日月曜日

イケフェス 2016〜 新井ビル


大阪の金融街として栄えた
エリアに立つ「新井ビル」
もとは報徳銀行の大阪支店

[特別公開] 定員なし 
日時=11/5(土)・6(日) 両日とも10時~16時
 通常は関係者以外立入り禁止の3階、4階の
 オフィスエリアと屋上を公開。
 今年は特別に内部公開出来る部屋も増え、
 それぞれの部屋の使われ方の違いに、
 より「生きた建築」を感じて
 頂けると思います。

イオニア式の柱はあるが…
革新的なデザインは、
ヨーロッパの潮流、
幾何学的装飾
モダンデザインビル。



1934 年に新井家がビルを取得、
その後 新井証券
創業したころの写真。

戦後にテナントビルと
なっているので、
基本的にオープンなのですが…

やはりイケフェスだと、
気兼ねなく撮影できます。







大阪発のスイーツとして有名の
五感」が入っているので、
金融街の閉まっている土日も、
いつも行列ができていますね。
 
[店内の様子]※
[店内の様子]※




多くのテナントオフィスが
開室されていました。

報徳銀行は昭和はじめの
金融恐慌で倒産し、
舶来雑貨商の新井末吉が
ビルを取得。

自ら営む新井証券の本店として
使われたあと。

テナントビルとして転用、
長らく1階の営業室は、
ステーキハウスレストラン
「弘得社スエヒロ」が
営業していたそうです。





2012年まで新井株式会社の
社長であった新井真一さんは、
通産省官僚時代に、
あのグッドデザインマークの
立ち上げに関わった人。

1970年の大阪万博の
貢献者の一人でもありました。

特別公開は屋上にのぼれること。

こちらも階段室の屋上屋。

そしてメダリオンの背中。

正面のこの部分…
擬石で作られているのが間近に。







レールの上を進むシートリフト
備え付けられています。



ビルの設計は河合浩蔵
設計事務所。
河合浩蔵は外壁のみ保存の、
神戸地方裁判所の設計で
きっかけに関西と繋がった人。

関西建築界の長老的存在で、
円熟期になっても
ゼツェッション様式を取り入れ、
自らの作風を「現代式」
呼ぶなど新デザインを積極的に
取り込む人だったとか…




31 新井ビル
所在地 :中央区今橋2-1-1
建設年 :1922年
設計  :河合建築事務所(河合浩蔵)

※[店内の様子]の写真は、大大阪建築ガイドより