2016年10月27日木曜日

京都の近代化遺産ゆ〜伏見の近代化遺産


町家や酒蔵が残る京都伏見にある

モリタ製作所」、赤煉瓦の社屋。
もとは「京都電燈伏見発電所」。

森田純一が京都市中京区で
歯科用品商として 、
森田歯科商店」を創業したのが
1916年のこと。
廃墟になって荒れ果てていた
旧火力発電所のレンガ建築を、
森田製作所が買い入れたことで、
今に伝えられています。

竣工されたのは
1902年(明治35)ごろ、
京都電燈会社」は、
1888年(明治21)設立された
最初期の電燈会社でした。
京都市中心部への灯火用電力の
供給を主目的に設立されたそうです。
その後、軍需工場への衣替え…

伏見の水利に功績のあった
角倉了以の碑石。
角倉了以(すみのくら りょうい)は、
安土桃山時代の海外貿易家。
豊臣秀吉…そして徳川氏から
朱印状を与えられ、
いわゆる朱印船貿易で巨利を得た人。

二条より鴨川の水を引き、

伏見に達する高瀬川を開削。
京都伏見間の水運の祖ともいえます。

十石舟の旧伏見港…
龍馬とお龍の像が立つ。

酒処をひさびさにぶらり・・・

カッパ〜〜〜



早々と一升瓶を手にしたので、
中書島駅にもどりました。

駅近くにたつハイカラ風呂屋さん。

アーチ窓の「温泉」の文字。
新地湯」さんは今も営業中!
浴場内にはタイル絵があって、
奥壁面には海岸の風景が描かれてるとか、
いつかひとっ風呂浴びてみますかね。

両脇のアーチ窓には、
ステンドグラスが健在?

昭和初期1931年に創業の銭湯、
実にシブいです。

壁面の装飾もオモシロイ

2016年10月26日水曜日

大阪の近代化遺産をあるく〜大阪市公館


ながらく閉ざされていた
大阪市公館」、
2016年4月から10年間の
民間事業活用で…
アプローチがオープンエリアに。
「旧大阪市公館」のサインの横には、
ザ・ガーデンオリエンタル大阪」。
第5回日米市長および
商工会議所会頭会議が
大阪で開催された時に
迎賓館」として建てられもの。
白亜のタイル貼り、
大きな庇と車寄せのある玄関。

これぞまさにモダニズムという、
そんな建築です。
開放の機会があまりなかったので、
しっかり外観も観たのは、
はじめてのこと。
ただ…「市民開放」とは言うけれど、
結婚式、披露宴の会場なので、
なかなか中は伺い知ることが
ムズカシイ(T_T)
設計は住友総本店建築部の出身、
長谷部竹腰建築事務所を
長谷部鋭吉さんと共に創業の
竹腰健造さん。
ちなみに、日建設計の母体です。
建替え前の宇治電ビルディング
彼の設計です…
タイルの使い方などに
通ずるところが、
あるように思えました。

もと大阪市公館が建つこの地一帯は、
「網島御殿」と呼ばれた
藤田伝三郎男爵の邸宅を構えた場所。
網島御殿はのうち元西邸部分が、
ちょうどこのあたり。

約4,000坪の広大な敷地には
日本庭園があって、
東庭の茶室「二水亭」の両側には
せせらぎが流れているそうです。

茶室のあるところを、
市役所のある中之島、
両側のせせらぎを堂島川と土佐堀川、
そして双方のせせらぎが流れ込む池を
大阪湾と見立てた趣向になってるとか…。 

裏手に回ってみましたが、
中を伺うべくもなく…

どなたかの慶事があれば…と




「大阪市公館」
大阪市長公館→
竣工年:1959年(昭和34)
設計 :竹腰健造(竹腰建築事務所)
所在地:大阪市都島区網島町10-35

コンクリ寺を行くvol.7 三津寺


大阪の南北に結ぶメインストリート、
御堂筋に面して建つお寺さん。
インバウンドの人たちが、
盛んにカメラを向けてはりました。
大阪城かな?」って、
言いながら撮られてるの、
ダメ出しできなかった。

実は…御堂筋拡幅のあおりで
建替となった「寺院庫裏」、
当時として珍しい
地上3階、地下1階の
鉄筋コンクリート造。
煙り出し口風の櫓、
ボイラーの煙突なのだそうです。
全館スチーム暖房による
セントラルヒーティング完備、
エレベータまであるので、
当時としては超ハイテクビル。

空襲でほぼ壊滅の島之内地区で、
木造本堂が奇跡的に残ったのは
鉄筋コンクリート製の倉裡と
西側の防火壁が効果的だったと
言われています。
御堂筋のみってらさん」…
寺門が開かれてる時間に、
訪れたのははじめて。
七宝山大福院 三津寺という。
744年(天平16)行基が開創の、
聖武天皇の勅願寺。
空爆を免れて現存する本堂は、
1808年(文化5年)の建立。
丸に七宝紋
1879年(明治12年)には、
この本堂で第1回大阪府議会
開かれたという歴史をオモシロイ。
本堂扁額の真ん中は「観世音菩薩」。
当初の本尊は、このあたりにあたりの
楠の大樹から行基自ら刻んだ
観音像だったと伝えられるが…、
今は御堂筋拡幅で切り倒された
楠の大樹で彫られた十一面観音像
まさにビルに囲まれたお寺さん。
近世の木造建築らしさが、
随所にみられます。

おびんずる像」の撫仏。


かつて戦国時代には
石山本願寺の支城の一つ
三津寺砦」というのがあって、
織田信長に攻められ敗れているとか。
城だったんですね、かつては…