2020年2月18日火曜日

ウチナー・ウタキを辿る④ 東の御嶽シヌグ堂


ガジュマルの老木に
護られる浜比嘉島の
ぬちどぅたからの森

浜比嘉島大橋を渡って、
アマミチューの墓とは、
逆周りに島の道を行くと、
東の御獄(シヌグ堂)という、
小さい看板が現れます。

奥へ歩いて行くと、
石灰岩に根を大きく
張るガジュマル。

アガリのウタキ(シヌグ堂)
と説明板がありました。

旧暦の6月28日と8月28日に
海が時化(しけ)ることを祈る
シヌグ祭り」が行われます。

海が時化ることを祈る??

変わったお祭りです。
三山時代の戦いに敗れた

南山の平良忠臣
その陣営が海を渡り、
ここに身を隠したとか…

敵陣が海を渡れないよう…
時化を祈ったことが由来。
時を経て浜比嘉島大橋
往来がほぼ自由に…

ですが台風接近など
風速25m/s以上になると、
鎖により閉鎖されます。

こんな感じとか…

アマミチューの墓の辺りには、
シルミチュー」の看板も
ありました…

集落を縫っていくと
シルミチュー公園。

森を奥入って
さらに百余段の階段を登れば、
祈りの場があったそうな。

この頃雨風が激しく、
下調べも不十分でした。
行き着けなかった(T_T)

東の御嶽に戻ります。
シヌグの語源をいろいろ
調べてみましたが…
よく分かりませんでした。

円を描いて回りながら
「スクナレー、スクナレー」
と声を発して、
手に持った木の枝で
地面を叩くのだとか、
悪霊を鎮めるお祓いとか…
そして海に向かい、
身にまとった木の枝を
海へ流すそうです。

奥に見える島は、
平安座島です。
白いタンクが見えるのは、
JXTGエネルギーと
コスモ石油の共同出資により、
作られた沖縄石油基地

アスファルトの道から
ほんの50m立ち入るだけで、
秘境ジャングル探検。
ケモノ道なので、
くれぐれも長袖・長ズボンでの
訪問をオススメします。

島にはこんなオシャレな
看板がいくつもありました。

2階にあがると…

オシャレ空間が広がります。

奥には…ショップ。

夜光貝高瀬貝の表面を削り、
緻密で美しい光沢を放つ
真珠層にさらに命を吹き込んだ
沖縄では昔から愛されてきた
装身具を創っておられるアトリエ。


スムージーと美しい海と雲
愛でながら・・・

かいのわ さんのHPより」
作家の川初真さん…
ダイビングのインストラクターを
されていて、拾った夜光貝
磨いてみたのがきっかけとか…

島のこととか…
いろんなことを
教えてもらいました。
お話しているうちに、
天気が良くなって…
裏手の芝生に
上がらせてもらうと…

こちら アマミチューの墓
シヌグは豊穣をもたらす
来訪神なんだそうです。
時化を起こして
足止めさせるのは、
豊穣をもたらす神さまに、
早々と帰って貰っては困るから…

カフェの名は
帰りたくない気にさせる場所。


2020年2月17日月曜日

ウチナー・ウタキを辿る③ アマミチューの墓


キノコ岩に美しい海
そんな沖縄を感じる場所。
那覇市内から高速道路を
使いつつ車を走らせると、
1時間ばかりでこんな風景に
辿り着くことができるます。

「アマミチューの墓」
今はコンクリートの道が
造られていますが、
かつては干潮時しか
渡ることができなかった島。

島に渡ると…

ベニヤ板に貼られた紙に、
もずく黒糖ぜんざい
コーヒ(笑)の文字が目に入ります。

浜比嘉島のおばぁが作る
黒糖ぜんざいがコレ。
黒糖で時間をかけて甘く煮た
豆は金時豆なのです。
白玉団子が添えられて、
熱くない ぜんざい です。

もうひとつ
分けてもらったのは、
「もずくシークヮーサー」
どちらも100円なんです。

海を見ながら食べるのが、
ホントはオススメなんだけど…
この時期は雨が降るから…
滑らんようにね!
優しい声が穏やかな海に
さざ波を立てていました。

侵食を受けた石灰岩…

沖縄の神様は、
女の神様を「アマミキヨ」、
男の神様を「シネリキヨ」。

浜比嘉島ではそれぞれを
アマミチュー、シルミチュー
と呼び、敬ってきました。

キノコ岩を過ぎると…
ちょっと広い場所。

崖に沿うように祠があり…

2人がまつられていると
伝えられているここが
「アマミチューの墓」
毎年、旧暦の1月1日には
比嘉の祝女(ノロ)が中心となって、
豊穣・無病息災・子孫繁昌を
祈願している祭り場です。

そこかしこが信仰の場。


祠から海を臨むと…
少しづつ晴れてきました。

波と風とそして長い年月が
重ねれてきた風景。

沖縄には開闢伝説
伝わっています。
諸説ある伝説のうち、
最もよく知られるのは、
アマミキヨという神が、
ニライカナイから降り立ち
国づくりを始めた…
その舞台となるのが久高島

浜比嘉島は、ニライカナイから、
アマミキヨとシネリキヨが
降りてきたと伝わる
「神の住む島」とされています。
こちらはシルミチューに近い海。

古事記のイザナギとイザナミ
通ずる神話がウチナーにも
あるということです。

海に架かるのは浜比嘉大橋
全長1430メートルで
海中道路でつながる島の中で、
一番大きな橋は1997年に完成。

かつては島にある
浜集落と比嘉集落からは、
それぞれの港から船が
出ていたので、集落同士の
つながりは希薄だったそうです。



島を離れるころになって、
青い海と青い空…