2014年7月28日月曜日

「坊やと氷のお嬢」Carp ICE BOXゆ

先週末今年2度めの遠征。
いざズムスタへ!
梅雨明け宣言直後の広島は
まさに赤道直下...
そんな暑さを吹き飛ばそうと
スタジアムで氷点下体験
      ICE BOX」が登場。
クールダウンをかねて体験してきましたよ。
いわゆる氷温冷蔵コンテナなるものを、
そのまま持ちこんじょりました。
アザラシ親子も...
シロクマたちも
カピバラさん??
300円で約5分の体験です。
二重扉になってって、
10人くらいで中室にいったん入ってから。
すでにマンモスくんウキウキの冷っこい部屋。
まさに氷点下...
あの至高スタジアムグルメも。
カッちカチになっとる。
ここでは冷やしカープうどんは無用ですな。
カープ坊やもかき氷機にかけられるのか?
まさに永遠の眠りにおつきにござります。
神のお姿も永遠に封じ込められて。
そう赤ヘルも氷結しておりま。
奥に鎮座するのは
そして坊やの真実の口...
虎次郎は正直者なので
食いつかれることもなく(・ω☆)


カープ坊やもただ佇んでおりました。

いっときの氷点下体験でした。

ただ...その時から虎次郎のiPhoneが
SIM認識不良に陥り( ;∀;)
なんとかWi-Fi通信にて
連絡手段を維持しましたが、
ウッともスッともいわない状態に。
外にでると一目散に
チメたいモノにありつく。
一度冷やしておいて...
ふたたび汗を呼び起こさせるという術。
おそるべしカープ坊や(・へ・)

2014年7月22日火曜日

神集いし社へ〜出雲大社

縁結びの神・福の神「出雲大社
大国様のおわすところに参ってまいりました。
日が沈む時間帯の訪問でしたが、
まだまだ空には明るさが残っていましたよ。
因幡の白うさぎ」の像がここにもあり。
ここにもピョンピョンと。
松ぼっくりと仲良しです(・ω・)v
毛利元就の孫の孫にあたる 毛利綱広 寄進の
銅の鳥居をくぐると戦後最大である
木造神社建築の拝殿が見えてきます。
二拝、四拍子、一拝にて拝礼は出雲式。
拝殿の後ろにある「八足門(やつあしもん)」。
こちらの装飾彫刻はスンバラシイです(・ω・)v
本殿に祀られる御神体は西向き...
「稲佐の浜」の方角を向いておられるので、
実は本殿の正面から参拝すると、
神様の横顔を拝んでいることになります。
威容を誇る神殿が厳かに。
そして凛とした空気が漂っていました。

千木から雲が沸き立っているようにも
思えたのは壮大な神代の世界の源流だからかも...
神在月にはここに八百万の神様たちが集われる。
大国主大神が幸魂奇魂を授かり、
縁結びの神様になったお姿!!
大国主大神は素戔嗚尊の子孫、
多くの兄弟の末っ子として
出雲に生まれたそうです。
この神様は多くの女神と結婚し、
多くの子どもをもうけたとか...
まさに大モテの神さまだったのですね。
縁結びの神様。
大国主大神は出雲王朝を繁栄させたという
偉業を成した王でもあります。
そして人懐こいお姿の大国様という一面も...
大きな袋を肩にかけ、ずきんをかぶって、
右手に打出の小槌を持って米俵の上に立つ姿も
また愛される証なのかもしれませぬ。
そして...
参道の名店「えにし」さんに滑り込み...
スタンダードな割子そば
遅い昼食だったので5枚積みです。
そして...
魚のすり身で作った
野焼き」も頂きました!! 

2014年7月21日月曜日

しまねっこ号(・ω・)v

島根にはいると縁結びの文字としまねっこ
大社の屋根をかぶってるってて、
ホントどこにでも出没してました。
しまねっこ号」なるものを
早起きして拝んてきました。

あの映画「RAILWAYS S」の舞台の、
出雲市〜出雲大社〜松江を結ぶ“一畑電車”。
講習を受けて「デハニ50形体験運転」を
企画したりして...
いわゆるクルマ社会をなんとか乗り切ろうと
ガンバっておられる地方鉄道さん。

JR出雲市駅からは、
ホーム乗り換えができない(;_;)

もともとは国鉄の山陰本線が1810年に
米子から当時の出雲今市まで延長したのを受け、
一畑薬師までを結ぼうとした
蒸気動力車による「軽便鉄道」なのだとか...
出雲今市から出雲大社までを結ぶ
国鉄が大社線を分岐する計画があったので、
目的地を一畑薬師に変更したのだとか...
出雲市にも「一畑百貨店」を出店するため、
国鉄出雲市駅に隣接したターミナルビルを建設。
1964年(昭和39)4月にビルが使われて、
この時から国鉄駅構内に
乗り入れなくなったのだと。

「しまねっこ号」は
ご縁電車しまねっこ号」がフルネーム。
車両のなかには縁結びのヒントが満載とか…

しまねっこの長所は
誰とでもすぐに仲良くれること」。
逆に短所は
最近食べすぎで少し動きが鈍いこと
他人とは思えないのであります(・ω・)v
でも停車中のは7:24出雲市発
松江温泉行きの特急は後ろのご縁車両は、
閉じたまま( ;∀;)
床の「ご縁あみだくじ」...
自分の前からたどっていくと、
向かいの誰かの座席の前にとか???
ご縁の8つのモチーフがいろんなとこに。
ハート柄満載の乗車席とか♡♡♡♡♡♡
ご縁四十五箇条
なんかも掲げられておりやした!!
鎮座するのは霊験あらたか
しまねっこ”さま。
扉の開いている車両を覗くと...
なんとなくハート型がみえたりしました。
こちらは6月に二駅だけ乗った車両...
こっちは“おひとりさま”席なんてことに。
次に控えるのはこの子でした。
恋に疲れている虎次郎??
そう見えちゃいますか?(号泣)