2018年6月9日土曜日

熊本の桃山式回遊庭園〜水前寺成趣園


実は熊本を訪れたのは、
今回が2度目でした。
前回は
福岡ドーム交流戦観戦で、
太宰府も唐津も回って…
ナイター前にトンボ帰りで
熊本城だけを見ようと…
お城から駅までのタクシー…
「もう帰るのかい?
 水前寺公園は見たか?」
半ば強引に連れられたのが
ココでした。
桜咲く写真ですから、
鹿児島・熊本の旅から
早3ヶ月です…
記憶を甦らせつ〜〜
正式には「水前寺成趣園」、
陶淵明の詩
「帰去来辞」の一節
「園日渉以成趣」にちなむ。

ちなみに…
陶淵明(とう えんめい)とは?
中国,東晋・宋の詩人。
役人生活の束縛を嫌って彭沢県県令を
最後に「帰去来辞」を賦して辞任。
以後 故郷に帰って酒と菊を愛し、自適の生活を送った。
平淡で自然な表現を特徴とし、古来日本でも愛好された。
阿蘇伏流水が湧出して作った池。
桃山式回遊庭園で、
東海道五十三次の景勝が
模されています。

「湧くからに
 流れるからに 春の水」漱石
日本橋なのか??

熊本藩の初代藩主 細川忠利
寛永13年(1636年)頃から
築いた「水前寺御茶屋」が始まり。

明治になって官有に、
御茶屋「酔月亭」は
西南戦争で焼失…
泉水・築山なども
荒廃してしまったそうです。



憂慮した有志が払い下げを要望。

細川藩主を祀る出水神社
園内に創建されたのが
1878年(明治11)のこと
庭園は社地として
払い下げられたものです。



実はあの水前寺清子さんは、
こちらで挙式を挙げられたとか。
芸名・水前寺はココから、
清子は加藤清正から取られたもの。

近世細川家の祖といわれる
忠利の祖父 細川藤孝
後陽成天皇の弟 八条宮智仁親王に、
古今和歌集の奥義を伝授した
といわれる「古今伝授の間」。

一服いただきました。





こちら細川藤孝の銅像…
細川忠利と並んで庭園を
見つめておられます。





当初周囲は畑だったそうで、
阿蘇山や飯田山、
健軍神社などを
借景にしていたそうです。

周囲にマンションが建ち並び…
当時の景観とは異なるようですね。







「しめ縄や
 春の水湧く 水前寺」



2018年6月3日日曜日

熊本 路面電車のある風景


熊本 長崎次郎書店
喫茶室からは路面電車が
よく見えました。

九州では長崎鹿児島
そして熊本で走る。

鹿児島と熊本は市交通局
運行を担っています。

1917年(大正6)に
電車期成会が結成、
先輩格の福岡、長崎、
久留米、鹿児島へ
視察団を派遣。

1924年(大正13)8月に、
熊本駅前と浄行寺町の幹線

水道町~水前寺間の
水前寺線で開通。

その後複線化や路線を拡大。



川尻線は1945年の終戦直後に
熊本電気軌道㈱より買収したもの。

藤崎八幡宮の鳥居が見え、
藤崎宮前~上熊本駅前の
坪井線は、1970年に廃止。

全国の軌道で冷房車
運行したのは熊本が初とか…
1978年8月のこと。



どれも車がまだまだ少ない
時代の一コマです。

こちら長崎次郎書店前…

今は交差点を避けて、
電停があります。

ちなみに料金は後払い
前乗り・先払い式か?
後乗り・後払い式か?
どちらが便利かは意見が
分かれるところですね。

ICカード
でんでんニモカ」も登場!
最近はICカードの登場で、
便利になって来ていますね。
ちなみに1日乗車券
楽しみました。

2018年5月27日日曜日

熊本たてもの めぐりん⑪ 熊本市民会館


熊本市民会館こと
シアーズホーム夢ホール

熊本城の行幸坂への道すがら

1826席の十二角形のホール棟…

そして会議棟から構成。

ホール棟は45mの直径を持つ
鉄筋コンクリート造りの
大架構となっていて、
折版構造を発展させたもの…



外壁タイルは「肥後かすり」の
模様を表しているそうです。




舞台改修やバリアフリー工事など…









定礎石に
昭和42年と刻まれる。
1967年の地上4階地下1階。

2007年8月 熊本で初となる
ネーミングライツ
導入が意図されたが、
リニューアルに間に合わず…



その後2008年7月から、
崇城大学市民ホール」、
2012年4月からは、
学校法人が契約を継続、
「市民会館崇城大学ホール」。

現在は熊本市本社の
地場住宅メーカー
「株式会社シアーズホーム
との契約で、
市民会館
 シアーズホーム夢ホール」。