2018年4月19日木曜日

かごしま洋館あるき⑥ 旧鹿児島信用組合社屋


鹿児島の近代化建築には、
あまり煉瓦が見当たらない
鹿児島の特色なんでしょうね。
煉瓦造で作られるべき建物が、
すべて石で造られているのです。

泉町というところに建つ、
煉瓦ではなくレンガタイル
アクセントとして用いられています。

石造りの建物が建てられたのは、
石工の技術が高かった
おかげだと想像さえます。

もとは鹿児島信用組合
社屋だったそうですが、
いまは「豊産業」という
機械販売の会社さん。
鳥獣対策を手がけているとか…

詳細はあまりわかりませんが、
モダンなセセッション式
デザイン性がいろんなパーツで
見て取れますから、
設計者の情報はどこかで
手繰れるかも知れません。








かごしま洋館あるき⑤ 旧鹿児島県立図書館


正面入口は円筒形
当初は九州随一の規模を
誇る図書館だったそうです。
幸いなことに蔵書ともども
戦災を生き延びた1927年築。
設計は鹿児島県の建築課に
勤めていた岩下松雄という人。
実は岩下さんは各地に
鉄筋コンクリート造の
公共建築を建てておられるが、
コーナー部を丸めて
エントランスを設け、
塔屋を載せるスタイルを多用。
1934年築の鹿児島気象台は、
現存せずしていないが、
鹿児島中央高校は今なお現役。
庇のカーブが秀逸。
支えている柱頭も
ユニークなフォルムです。

規律正しく並ぶ縦長窓

階段室部分にも別の曲面が
取り入れられています。
こちらは増築部分?
寄り添うように立ちます。
裏手に回ると…
図書館だったから…
という理由でしょう、
裏手も同様に、
連続窓が続いていました。


鹿児島県立図書館
→鹿児島県立博物館
竣工年:1927年(昭和2)
設計 :鹿児島県建築課(岩下松雄)
構造 :鉄筋コンクリート 3階建、塔屋付
所在地:鹿児島市城山町1-1
【国・登録有形文化財】

かごしま洋館あるき④ 鹿児島市公会堂

昭和天皇のご成婚を記念して
建てられたという
鹿児島市公会堂」。





戦災で内部は焼失して
作り替えられました。

半地下構造で出入り口が高く、
車寄せのスロープが大ぶり。

渦を巻く車寄せ
スロープを縁取る曲線。

片持ちの玄関ポーチ

風格ある外観を支えています。

ラーメン構造??の
鉄筋コンクリート造。
ラーメン構造とは、
長方形に組まれた骨組みの
各接合箇所を
剛接合したもののこと。
 ドイツ語で「額縁」のこと…
玄関両脇に階段室塔屋が配され、
4本のピラスターを正面に、
イスラム風尖頭アーチ窓
かなり雨が滴っていました。





設計は中之島公会堂
設計した片岡安
関西建築協会理事長に
就任するなどして、
都市計画法の制定にも
力を尽くした片岡。

昭和天皇のとき御成婚の儀、
この期に乗じていろんなことが、
記念事業が発起されました。
そんな時代のもとで、
公会堂建設も進められたそうです。

戦前の鹿児島市では、
多数の集会では劇場が
使われていたのですが、
収容人数が乏しくその解消に、
公会堂の建設計画は
企図されていたようです。



第14代鹿児島市長の勝目清さん、
その回想録でこう述べています。
「皇太子のご成婚と公会堂は
 何の関係もなく、
 悪く言うと便乗した形なのであるから
 公会堂を見て皇太子のご成婚を思う人は
 ほとんどなくなったのである。
 記念事業というものを計画するときは、
 よく考えるべきである」と…

かつて中央公民館から
中央公園にかけての大部分に、
県庁が建っていたそうです。
県は補助金ではなく、
敷地を鹿児島市へ譲渡…
ただし公民館前の土地は
譲渡しないということで決着、
玄関前広場が広いのは、
そのような事情によるものです。









「鹿児島市公会堂」
→鹿児島市中央公民館
竣工年:1927年(昭和2)
設計 :片岡安
構造 :鉄筋コンクリート造地上3階地下1階建
所在地:鹿児島市山下町
【国・登録有形文化財】


2018年4月17日火曜日

かごしま洋館あるき③ 日本水電本館


当時、
周辺には高い建物はなく、
近代的なその容姿が
薩摩っ子の目を楽しませたとか。

日本近代建築の先駆者として
知られる 渡辺節氏の設計。
彼の代表作 大阪の綿業会館
実はここ「日本水電ビル」は、
ほぼ同時期に建てられています。

街路樹と調和する落ち着いた表情、
垂直線を強調しつつ、
要所に組み込まれた石の装飾が、
アクセントを添えています。

内部には、創建当時の床タイル、
人造石仕上げの階段、
大理石カウンターが現存、
応接室、金庫室は
ほぼオリジナルだそうです。
ビリヤード台が置かれた
娯楽室もあったとか。 

日本瓦斯株式会社」は、
鹿児島市に本社を置く、
市エリアの一般都市ガス事業者。
昭和初期に「日本水力電気
通称 水電からガス事業が独立。

日中戦争中の電気事業の
国家統制の強まりによって、
全国を9ブロックごとに、
配電統制会社の設立
九州水力電気、九州発電 、
東邦電気、そして日本水電が
4社合併…
のちの九州電力に繋がります。

鹿児島中央駅から東に延びる
ナポリ通り」に面する。

なぜナポリ???
ナポリ湾を望むナポリ市と
桜島を望む鹿児島市、
風景がとても似ているらしい。
ナポリにはベスビオ火山

あるらしい。
正面に並ぶ角柱を
45°ずらして角を見せてます
モダンでお洒落な雰囲気、
落ち着いたベージュの
タイル貼りなかなかヨス。
岸和田の自泉会館などなど、
よく紹介した渡辺節さんです。
九州・鹿児島でも、
手がけておられたのですね。

日本水電本社
竣工年:1931年(昭和6)
設計 :渡辺節建築事務所
構造 :鉄筋コンクリート造
          地下1階、地上3階建て
所在地:鹿児島市中央町8-2
【国・登録有形文化財】