2007年7月31日火曜日

「蝦夷地飛んでけトンデケ屯田兵」予告!!

一足早い夏休み。。。
道東に遊びに来ています!!

7月30日に釧路空港に降り立ち、
 釧路湿原、阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖へ。。
7月31日は屈斜路湖半でパターゴルフに興じ、
 午後から屈斜路湖半の和琴半島、硫黄山へ
 それから世界遺産のあの「知床」へ。。
 今日は熊出没とやらで知床五湖 全部は回れませんでした
明日からの予定は、
8月1日に能取湖、サロマ湖をまわって
 話題の旭山動物園に行きます。
8月2日には千歳空港から北の大地を後にします!!
 くわしい
「蝦夷地飛んでけトンデケ屯田兵」 
  については改めて・・


今日のお宿!!
「北天の丘」
 あばしり湖鶴雅リゾート

2007年7月29日日曜日

参院議員選挙に行きまひょ!!

参院議員選挙に行きまひょ!!








昨日は甲子園でせっかくの観戦日やったんですが、
雨にもヨコハマ星にもたたられ・・・
 残念無念でした。

貯金生活も1日で。。。今日からまた出直し!!

阪神甲子園駅には阪神馴染みの参院選候補者がおられました。
オールスターゲームを見に行ったときに、
 東京ドームでも逢いました!!
投票日でもありますのでこれくらいにしときますが・・・

とにかく!
 みなさん投票には行きまひょね!!


今日から一足早く夏休み充電旅行??
 北海道・道東に行きます。
 阿寒湖・屈斜路湖・網走・知床・・・・
 旭山動物園にも寄る予定です。。

大自然とやらを満喫して参りますので、
 しばしの間はキーボードからはサヨナラしときます。

2007年7月22日日曜日

広重《名所江戸百景》(5)四ツ谷内藤新宿

歌川広重《名所江戸百景》 の紹介
 今回が第5回目です。



「四ツ谷
 内藤新宿




江戸四宿(よんしゅく)
一つである
「内藤新宿
 (ないとうしんじゅく)は、
日本橋を起点とした
甲州街道の
  最初の宿場町
です。











はじめ下・高井戸宿が最初の宿場でしたが日本橋から
4里(約 15km)と遠かったため、元禄11年(1698)
信州高遠藩 内藤 若狭守(わかさのかみ)
広大な下屋敷の一部を返還させ、
町屋とともに馬継ぎの施設を設けて宿場が置かれたのが、
日本橋から2里のところの新しい宿場町は、
一部が 内藤家 の屋敷地でもあったので
 「内藤新宿と呼ばれるようになったといいます。

馬の尻をクローズアップした大胆な構図は、
草鞋(わらじ)姿の馬の
足下には「馬糞」が描かれています。

江戸時代には旅人だけでなく近郊の人々が、
この新宿を訪れていました。
お目当ては「馬糞」を肥料のために持ち帰っていたようです。
 まさに新宿名物「馬糞」というわけです。

今や都庁がそびえる新宿四谷ですが、
当時は家は少なく4軒しかなかったので
「四ツ家」と称したところ、
 いつのまにか「四ツ谷」「四谷」になったそうです。

広重《名所江戸百景》(4)大はしあたけの夕立

歌川広重《名所江戸百景》 の紹介
 第4回目は、広重得意の雨の絵です。


「大はし
 あたけの夕立」



「新大橋」「安宅」
  夕立の風景です。

雨がやや斜めに落つる様が、
 これぞ雨の描き方の
  真骨頂がこの作品。

霞んで雨影に映る向こう岸が
 「安宅」だそうです。













広重の絵は実に西洋絵画、
とりわけ「後期印象派」
大きな影響を与えた
  といわれています。

「後期印象派」
 巨匠 ゴッホ
 油絵で模写したのが、
「日本風 ( 雨の橋 )」です。











構図はまさに模写ですが、
川は波たち雨も夕立というより嵐のようです。。
油絵という素材には日本の雨は難しかったのかも知れません。

そもそもヨーロッパには、
 蒸し暑い夏の午後の蒸し暑さを一気に拭う、
 「涼しい夕立」というのが少ないようです。
「夕立」「涼しい」という言葉も欧州にはないそうです。

「cool」「涼しい」と訳しますが、
 日本の涼しさとはだいぶ違うそうです。

2007年7月21日土曜日

広重《名所江戸百景》(3)利根川ばらばらまつ

歌川広重《名所江戸百景》 の紹介
 今回が第3回目です。


「利根川
ばらばらまつ」

投網(とあみ)の描写はさすが
初代 広重
という作品。

左奥の点在する松が
「ばらばら松」です。

川漁師の投げた投網が
 広がった瞬間をとらえています。
写真のシャッターを切るように。
「ばらばら松」は、
江戸時代には中川沿いのものが
有名やったそうです。。







空を飛び交うのは「シラサギ」か??
 「シラサギ」
といえば、、
東京近辺のどこかで竹林「シラサギ」が大発生!!
住民が悪臭に悩まされているとか???
 「シラサギ」の天敵がいなくなっているんで、、
大発生ということなんでしょうね。バランスって大切ですね。。

ただ、、この白鷺ですが、
 「シラサギ」という名前のサギがいるわけではなく。
白いサギ類の総称で、
ダイサギ、チュウサギ、コサギを指すんだとか。




↑(財)日本鳥類保護連盟のHP シラサギのページ

2007年7月20日金曜日

前田!前田!前田っ!まえだぁー!

前田!前田!
前田っ!まえだぁー!

 で 
おお盛り上がりのオールスター!!






タイガースで打撃人不出場だっただけに、

 広島の 栗原、前田、新井 のときは、
 恐怖の屈伸運動応援をしました!!




















最後は藤川が締めて爽快のゲームでした。
それにしても落合監督って、ファンを楽しませるのに天才的です。
 1回ごとにピッチャーを変えたのは、
 まさに「監督のMVPやぁー」彦磨呂的に言ってみて!?)


***********************************
MVPは先制弾のラミレス 全セ、連勝を5に伸ばす
    2007年7月20日(中日新聞より)
 2007年プロ野球ガリバーオールスターゲーム第1戦は20日、東京ドームで行われ、
全セが4-0で全パに完勝し、一昨年の第1戦からの連勝を5 に伸ばした。
 通算成績は全セの66勝73敗8分け。
 最優秀選手(MVP)は先制2点本塁打したラミレス(ヤクルト)が選ばれた。
 両チーム無得点で迎えた7回、1死二塁からラミレスが左中間に2ランを放ち、
 続く前田智(広島)も右中間にソロ本塁打して3点を先行した。
 8回には森野(中日)が中越えにソロ本塁打して突き放した。
 全パは、9投手のリレーにかわされ、わずか1安打に終わった。
 第2戦は21日、フルスタ宮城で52年ぶりにデーゲームで開催され、
 全パは田中(楽天)、全セは高橋尚(巨人)が先発登板する。      (共同)

広重《名所江戸百景》(2)「びくにはし雪中」

歌川広重《名所江戸百景》 の紹介
 第2回目は。。。。


「びくにはし雪中」

東京都練馬区東大泉に
 「比丘尼橋」という橋があります。
という橋が架かっている。
江戸時代末期には「真福寺」
 というお寺があり、
その寺に尼僧が住んでいたことから、
 「びくにはし」といいます。

このお寺の
尼僧生活の面倒を
 みていた
「善兵衛」という
 名主がいたのですが、












そのうち恋仲に落ちたものの、
 恋成就せず失恋した尼僧が橋から身投げしたといいます。
    その橋がこの 
「びくにはし」 なんだとか・・・

尼 僧の死後、その
善兵衛もどこかに居なくなって、
善兵衛の家屋敷の土地も人でに渡ったと言います。
その後、新しい屋敷の主が重い病気になったので、
 易者に見てもらったらところ
 「尼僧の霊を供養しなさい」と言われて供養したところ、
 平癒したといい言い伝えが残っています。


絵に戻ります・・・

「やまくじら」の看板は、
イノシシやキジなどの  野生の動物の肉料理屋のもの

「○やき」「十三里」とは、焼き芋屋 のこと。。
 「栗(九里)」「より(四里)」美味いという洒落なんだとか。




←白子川の
 比丘尼橋下流調整池


練馬区タウン
ドラマ・映画ロケ地ガイド
            より

広重《名所江戸百景》(1)「高輪うしまち」

東京藝術大学美術館
    行われていたのが、
「 歌川広重
  《名所江戸百景》 のすべて」だ。

東京藝術大学
 創立120周年企画だとかで、

浮世絵師 初代:歌川広重
 最晩年の傑作 《名所江戸百景》
芸大コレクションを一挙に
  公開した展覧会だった。





江戸時代後期である 安政3年から5年(1856-1858)の、
 江戸の市中と 郊外の景観を映しだしたもので、
 初代 広重構図の大胆さを感じることができた。

虎次郎 が気に入ったのを、
このブログでは紹介していきたいと思っています。


第1回目は

「高輪うしまち」

虹が描かれているのもステキ!

手前には食べられたスイカ
 子犬が草履を引きちぎる姿。

牛車の先に見えるのは、
品川の海で、
近景と遠景の大胆な対照が
 まさに広重の絵!!
   といいたいところだが、











このモティーフは歌川国芳「東都風景高輪虹」
          というのが先輩らしいとか。

ところで。。。。
最近の展覧会なんかはいろんな取り組みがあって、
 美術館・博物館の一生懸命さが伝わってくるのだが、
この展覧会にはオフィシャルサイトでも、
 面白い試みをしておられる。

インターフェイスによる芸大本メディアアーカイブ
 「 歌川広重《名所江戸百景》マップ」 がそれ!
  展示会の浮世絵 名所江戸百景
    Google Maps に浮かび上がる!!

東京の航空写真のなかに「江戸のまち」
 映し出されるのは圧巻だ!!一度お試しあれ!!


東京藝術大学創立120周年企画
芸大コレクション展
歌川広重《名所江戸百景》のすべて
  会期: 2007年7月7日(土)-9月9日(日)  月曜休館
      (ただし7月16日、8月27日は開館、7月17日(火)、8月25日(土)は閉館)

      午前10時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
  会場: 東京藝術大学大学美術館 地下2階 展示室1
  観覧料: 一般 300 (250)円 大学・高校生 100 (50)円 (中学生以下は無料)
  *同時開催の特別展『金刀比羅宮書院の美 ― 応挙・若冲・岸岱 ―』を
   一緒に観覧する場合無料で観ることができます。
 <問い合わせ>ハローダイヤル:03-5777-8600

球宴に伴う東京遠征??

ガリバー・オールスター 
  を見に、
東京に来ますた。。


   ガリバーオールスターHPへ→







19日は上野界隈探索で、
何年かぶりに 上野動物園
パンダを見に寄りました!
上野動物園は、正確には

  と言います。


HPへ










パンダレポートは
 また改めてということにしますが。。。

上野公園にはユニークな
ストリートパフォーマーがいました。
コインをいれると
表情が和らいて「ニヤリ」と。。


なかなか味があって、、、
 よかったです。

さすが 芸術の森・上野 です。
近くには
 東京藝術大学 もあります。

2007年7月17日火曜日

祇園山鉾を歩く(7)山鉾あれこれ







祇園祭の期間中に山鉾町の人が食べない野菜は??
    答えはこのブログの最後に!!

祇園山鉾を歩く最終回です!!
最後にいろんな山鉾のスナップを紹介します。

長刀鉾
なぎなたぼこ

くじ取らずで先頭を進む
 唯一の稚児が乗る鉾













蟇股(かえるまた)
破風裏の彫刻
『厭舞(えんぶ)
 悪魔調伏して
 災消除の舞楽を表す











菊水鉾
 きくすいぼこ

町内の金剛能楽堂内に
古くからあった
『菊水井』にちなんだ名



















函谷鉾
 かんこぼこ
前掛に重要文化財を飾る
 人形稚児、考案の鉾




胴掛
『虎に梅樹図』










天井軒裏
『金地彩色鶏鴉(けいあ)図』
明治日本画壇の旗手、
今尾 景年 さん が雌雄の鶏を
写実的に描き上げた優品







月 鉾
 つきぼこ

鉾頭に三日月をつける鉾















稚児人形は
  美少年
『於菟麿(おとまろ)












岩戸山
 いわとやま

『天の岩戸』の神話に取材
 屋根に御神体を載せる曳山

山と名付けられていますが、
鉾と同様に車を付けた曳山



大屋根にまたがる
伊弉諾尊
(いざなぎのみこと











京都新聞社の
「文化支援キャンペーン−時を超えて
・祇園祭2007」へ





←キリンビール株式会社の
 山鉾巡行の
 
「キリン一番搾り生ビール」

















クイズの答えですが。。。その野菜は
 「キュウリ」です。
 八坂さんの紋が
 キュウリを切ったところに似ているからだとか。

2007年7月16日月曜日

祇園山鉾を歩く(6)伯牙山:旧杉本家




















綾小路通新町西入ル
京都の風情あるたたずまいを

今に伝える「杉本家住宅」があります。

主屋は、
 表通りに面する店舗部と裏の居住部を取合部でつなぐ
 「表屋造り」の形式の住宅です。


祇園祭宵山では、

「伯牙山」

  (はくがやま)

 「屏風祭」
の会場になります。







「伯牙山」は、
琴の名手 伯牙(はくが)
親友 鍾子期(しょうしき)の死を聞き、
自分の琴を理解するものが
    いなくなったと嘆き、
琴を壊しニ度と弾くことは
無かったという
 「断琴の交わり」
   の故事による山です。









山の上での伯牙の姿は、
 怒りの目で紅潮し、
 今まさに琴を
うち破ろうとしています。







明治維新までは
「琴破山(ことわりやま)
      記されてましたが、
通称から人名を冠するとのお達しにより、
   「伯牙山」となることになりました。

一説には「伯牙は弦を切っただけで、
     
琴を割ったのは別人」とも。。。





←「伯牙山」のお飾り場として、
 懸装品(けそうひん)が飾られた
      「杉本家住宅」



 琴も飾られています。









← 杉本家住宅のHPへ

2007年7月15日日曜日

祇園山鉾を歩く(5)油天神山 – 秦家

油小路通にあるところから

「油天神山」
  と呼ばれています。















勧請の日が 丑の日 だったため、
「牛天神山(うしてんじんやま)とも呼ばれるのだとか。

この「油天神山」の町家が「秦家住宅」です。
現在の建物は 蛤御門の変(1864)と
 呼ばれた大火で焼失後、明治2年に再建されたもの。

「表屋造り」と呼ばれる店舗・住居・土蔵を
 二つの庭がつなぐ典型 的な京町家です。























「ヒヤ、ヒヤ、ヒヤの、ひや・きおーがん」
    
でおなじみ
樋屋奇応丸とも繋がりがあるのでしょうか??
「奇應丸」の看板がとても印象的な建物です。










実はこの秦家住宅
虎次郎

ボランティア登録している
大阪くらしの今昔館
8階の町家にある薬屋さんの
モデルなんです。

「奇應丸」の看板の代わりに
今昔館
では「ウルヱス」


看板の
 大きさも同じ
だそうです。

←「大阪くらしの今昔館」HPへ





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
初代忠兵衛が奇応丸を創製した
元和8年(西暦1622年)にさかのぼる製薬会社。
大阪・天満で天災や戦災を克服して現在いたる。