2010年10月30日土曜日

はじめてのJリーグでオイッ!!

大阪と神戸との戦い。
ガンバ大阪 VS ヴィッセル神戸の試合を
万博記念競技場で見て来ました。












実は虎次郎 Jリーグは初めてなんですよ。
ラグビーはよく観に行くのですが、
玉蹴りはようわからんのですわ。
とにかく初観戦となりました。
















オーエンはロッテのようで、
「オイ。オイ。オイ」ってやってました。
虎次郎が知ってるのはガンバの遠藤ぐらい。
ゲームの方は前半はガンバが
2−1でリードしたのに、
後半開始直後に同点にされて。。。
ズルズルと逆転され90分には
ダメ押しを入れられてしまう。















試合後の監督のコメント・・・
「今季のワーストゲームかも知れない」と。

サッカーで時間との勝負でもあるので、
敗戦濃厚の色は時計がそれを教えるんだなぁと。
「タイムアップ」直前の得点で
 席を
立つ人もチラホラと。





























虎次郎は「タイムアップ」まで観戦。
実をいうと甥っ子のチームが後座試合
やらしてもらうということで。。。
あこがれのピッチで彼は大満喫やったようです。

やっぱスポーツはライブがいいですね。
なかなか新鮮でした!!!

家に帰ったらシリーズの中継。。
タイムアップで尻切れでした。
でもナゴドで勝てる「ロッテ」スゴいね。

















2010年10月26日火曜日

青い薔薇は 神の祝福

「不可能」「ありえないもの」
代名詞だった「青い薔薇」は、
園芸家の方の努力や科学技術で
    実現に至っています。

中之島のバラ園にもブルーの名のつく
薔薇がありました。
青い薔薇にも花言葉が
新しく付けられているそうです。
「奇跡、神の祝福」というコトバ。
















こちらは「ブルーシャトウ」という
日本の 寺西菊雄 さんの手によるもの。
バラなのに菊ってのがオモシロい。















こちらは中国で発見された
「オールドブラッシュ」っていうバラ。
四季咲きのバラで4月の終わり頃から
先頭切って咲き始めるらしい。

バラって寄せ付けないオーラを
感じるものが多いが、
野バラの系譜を持つバラは剪定せずに、
自然に花を楽しむのがいいそうだ。















こちらは七変化の「ベルル・ドール」
咲き始めはいたってフツーなのだが、
外側のとがった花弁がひっくりがえる。
なかなかオモシロい。
















2010年10月25日月曜日

薔薇の下で

バラは6月の誕生花だが
虎次郎地元の「中之島公園」のバラ園は、
春と秋に見ごろを迎える。
こないだの日曜日にぶらりと観て来た。

英語の「ローズ」という語源は
ケルト語の「赤い」というのがルーツ。
やっぱりバラは赤が「らしい」なぁと思いつつ。















「ラファイエ」フランス


王位継承をめぐって起きた「バラ戦争」のあとに、
ランカスター家とヨーク家の両家との
結びつきの証が「チュードル・ローズ」という
赤バラと白バラを組み合わせた紋章。
イギリス王室の紋章でもある。
バラが国花である国は多いのだが、
英国の国花も薔薇だ。















「レッドプラネット」イギリス
















「ロイヤルプリンセス」フランス



ローマの男たちは、
恋人のことを「私のバラ」と呼んだとか。
最初に咲いたバラの花を
恋人にプレゼントするのが慣わしだったとか。

ローマ人は一輪のバラを天井につるし、

その下でした話は一切秘密にする約束を守った。
「バラの下で」
(sub rosa)という言葉は、
「秘密に」という意味。

薔薇の装飾がある部屋での話は、
内密にするとの約束はいまも西欧で続く。















「ゴールドバニー」フランス


2010年10月23日土曜日

儺期度おそるべし。。。

クライマックス・セは中日営業部の
「皮算用は虎ぬナントカ」で幕を閉じた。

それにしても最後まで
粘るジャイアンツだったが、
ブロンズ対決は実現せず。

熱戦に水をさすようだが、
虎次郎は明日めでたく、
クラマのチケットの返金に行ってくる。
(調べてみると月曜からだった)

FC のチケには第3戦と大きく書かれていて、
先行販売でゲットできたのがこの日だけだったので、
ちょっとキープしておきたい代物だったのだけど。

















奥にあるのが明日の第5戦のチケ。
オークションでも値がつかず発券は今日になった。


それにしてもナゴヤドームは恐ろしいところだ。
今日の地上波の放送は
音声が途切れることしばしば。
まさに月面中継かのような断線がたびたび。

読売テレビ 尾山憲一さんのツイートには、
「ナゴドの中継音声が頻繁に途切れるなぅ…
 実況アナさんがその都度お詫び入れてます…
 同業者としてその気持ちが痛い程わかります。
 一度宴席が一緒になった
 東海テレビ森脇アナご同情申し上げます。」
               とあった。

ドーム球場ってのはどこも電波状態が悪い。
iPhone だと、
ナゴドの5階席、京セラドームの外野下段、
なんかはネットワークエラーの連続。
甲子園の一塁アイビー最上段もあんまり芳しくない。
東京ドームもあやしいのだという。
ヤフドはバリバリやったけど当たり前か。

サヨナラヒットで決着をつけた 和田一浩
















2004年9月24日の大阪ドームでの
近鉄最後の日を思い出した。
当時西武ライオンズの選手会長だった和田さん。
バファローズの場内一周を最後まで見届けて、
三塁ベンチ前で礒部たちを出迎えた。
それから和田さんだけは
  打たれてもしょうがないと。

♪ 勇む力 踊る鼓動 快音を打ち鳴らして
  夢奏で沸かすリズム 刻め一浩


  

2010年10月21日木曜日

831~~





















イタリアンベースの創作料理を出す
中百舌鳥にある
「ベジカフェ」
     とやらに行ってきた・・・

そういえば焼肉やらラーメンやら
やたらとコユイものばかり食べてたので、
ちょっとは血をキレイにせねばと思ってたので。




















まずは
「おそうざいがっつり盛り合わせ」から〜
















時計回りに・・・
・レンコンと鶏肉のバルサミコ煮
・カボチャのトマト煮込み
・大根とモルタデッラハム、
  きゅうりのサワークリーム添え
・ゴボウとひき肉の赤ワイン煮
・トマトとカリフラワーのたまご焼き
・シラスと???
・赤かぶにアンチョビー
まんなかに
・ひじきのワインビネガー煮〜磯の香り〜

まさにがっつり2人で取り分けた1,200円。 


もともとはナチュラルスイーツと
天然酵母パンを出す店だったそうだが、
今年のGW中にオープンしたらしい。
泉州をはじめとした京阪神の「地産地消」の
野菜を使っているそうだ。

店名の「G831」は、
地元(G)の「831」ってこと。
















酵母パンの盛り合わせはこれで500円
自家製のキャラメルフルーツペースト
    オリーブオイルがつく。

パスタもベジたっぷり。。。
「野菜たっぷりペペロンチーノ」















「豚ミンチとオクラのトマトスパゲッティ」















 どちらもこだわりの 831円


本日のおススメにも831がたくさん。
「甘鯛のソテー
 フレッシュトマトとバジルのソース」
            950円

















「犬鳴豚のカツレツ」  980円
なんだがベジタっぷりのなかに潜んでる。
















「おっきいライスコロッケ」
  ボリューム満点。。。。

















野菜たっぷりでも
  こんだけ食べちゃね(ダダ汗)

店内は平日なのに一杯でした。
虎次郎のグループ以外はカップルをのぞいて、
女性のペアばかりでした(汗)
















「リンゴのタルト」も食べちゃった(爆)
でも一人で全部食べた訳ではないのでね。

Natural Kitchen & Cafe G831
営業時間 AM11:00~AM0:30
  御堂筋線なかもず駅8番出口すぐ

2010年10月17日日曜日

敗者復活ならず(涙)

♪感傷に絡まって見失う
 現実に踏み出して取り戻せ
 燃える太陽 背に受けて
 歩き出せ

















♪妄想に捕まって動けない
 執着を断ち切って歩き出せ
 燃える太陽 背に受けて
 廻る世界を 背に受けて
 歩き出せ
















eastern youth って言うロック・バンドの
「♪敗者復活の歌」っていうウタを見つけた。

クライマックスをくぐり抜け
連盟選手権を奪取しようとするのは、
やはり執着を断ち切ることが必要やった。
感傷の絡まりを外して臨んだ者たちに、
軍配があがったようだ。


虎次郎に残された後始末。
一、次回の試合は行なわれないので払戻

一、尾張の地への手形発行とその始末
一、鷹もしくは鴎と決するための巣の解体

 ① クラマ1ステ第三戦の払戻
 ② ナゴド第五戦の発券と行く末
 ③ 日本シリーズのための宿舎キャンセル


  

十六夜さめて・・・

25年前の今日は
1985年10月17日。

早朝に目覚めていわゆる
「優勝記念五紙セット」ちうのを買い求めるべく、
最寄の駅の売店に走ったのが思い出される。
サンスポ、デイリー、
ニッカン、スポニチ、報知。。。
















ニッカンが埋もれてる。。。


そんな四半世紀を過ぎた歓喜の記録を、
押し入れの虎マークの入った
段ボールから取り出してみた。
う〜〜〜ん懐古趣味やなと思いつつ。





















少なくとも今朝のスポーツ新聞は買わないが、
明日はスポーツ新聞をガバッと
環状線のホームで広げて出勤したいものだ。

今日勝たねば明日はなし・・・





























夕刊紙たちも健在やった。。。


2010年10月16日土曜日

甲子園で初のクラマ

甲子園ではじめて行なわれた
クライマックスシリーズ。
行ってまいりました。。。


試合前・・・
ダイエー甲子園店に先日オープンした
「らーめん川藤屋」に立寄り一杯入魂!?

















虎次郎は「唐揚げ定食」を食べた。。
麺は関西屈指の製麺所の特製麺、
スープは国産黒豚のゲンコツを使ったという
「男気らーめん」と唐揚げのセット。


















男気なるものを注入したところで、
球場正面に向かう。。

初お目見えの
「クライマックスシリーズ・セ」
文字にキモチも高ぶる。。。



































試合の方は、
ブラゼルがホームランで先制したけど。

あとがダメダメやったホンマ打てんの〜。

ノーアウトで金本を代打に使ったのは、

ホントにナゾで「連続記録」は

ポストシーズンだから

気にしなくてもいいのにと思ったのだが。
グチを言ってもはじまらんわ。
ま〜切り替え切り替え。。

てなわけでまさにウサを晴らすべく、
甲子園にほど近い
炭火焼肉『たじま屋 甲子園店』
タイガースの選手会の決起集会も
行われたことのある
タイガースOBの
高村洋介さんの経営するお店へ。


















店に入るといきなり岡田監督
オールスター出場時のキャップがあり。
















排気用の煙突にも選手のサインも
たくさん書かれてて。。。




















お肉の方はまさにヤケ食い。。。
炎があがるほどにガンガン焼いて、

たらふく食べました。。





















こちらは「たじまや丼」。。。
〆に食べたのですがボリュームがあって、
みんなで取り分けました。

















明日は「取りこぼせない」一戦。
思えばまたもや「崖っぷち」やん。
でも味わえるうちが華なんだよね。
虎次郎は明日も参ります(・ω・)v

 

2010年10月14日木曜日

クラマ対策会議。。。

いよいよ明日から
クライマックスシリーズが始まる。
正式にはレギュラーシーズンとあわせて
「連盟選手権試合」というらしい。

レギュラーシーズンの勝者は
トロフィー、ペナント、優勝旗が授与されるので、
いわゆる「ペナントレース」やはり価値あるもの
そういう意味では敗者復活戦で失うものはないな。

クライマックスシリーズ優勝球団は
別途表彰されるというが、
ググってみても出てこない何なんやろか?・・・

とにかくタイガースはクラマを勝ち抜くのは、
「チャンピオンフラッグ」を手にするためやから。


で・・・・
昨日は今週末からどう戦い抜くかを段取るべく、
甲子園口にある虎印のお店で
「クラマ対策会議」をやってきた。























『KENPEI』さんてお店のオーナーは
タイガースOBである中谷賢平さん。
「真弓」「原」と呼び捨てに出来るのは、
掛布雅之さんと同期で1973年に、
ドラフト外で入団されたキャリアを持つから。

53の背番号時代の写真がカウンター奥にあった。
田淵幸一22がビジユニだったから
キャンプの一幕かもね。

  「PONちゃん日記」より

















なじみの虎友さんと一緖に
ケンペイさん
のお任せで、
シンプルなオイシイものたちが続々と。。。
ホッとするやさしいアテとは対照的に、
とっても濃ゆい話が聞けました。

















「タコとお豆腐」
















手羽先の唐揚げ。。。















「豚しゃぶ」生野菜たっぷりのサラダ仕立て














ボリューム満点「カレーやきそば」


で・・・対策会議の結論をば、
「 プレイボール後の雰囲気に
 逆に虎が呑まれぬようせねばなるまい」

地の利を感じられる瞬間が訪れれば、
   トラに勝機ありか。

何よりも。
週末も野球のある日であることに感謝!!

 
居酒屋 KENPEI 剣平
 電話  0798-63-5322
 定休日 火曜日
 JR甲子園口駅から徒歩5分、
 甲子園口商店街を南に進むと、
 国道2号線の手前 左側にある