2010年10月23日土曜日

儺期度おそるべし。。。

クライマックス・セは中日営業部の
「皮算用は虎ぬナントカ」で幕を閉じた。

それにしても最後まで
粘るジャイアンツだったが、
ブロンズ対決は実現せず。

熱戦に水をさすようだが、
虎次郎は明日めでたく、
クラマのチケットの返金に行ってくる。
(調べてみると月曜からだった)

FC のチケには第3戦と大きく書かれていて、
先行販売でゲットできたのがこの日だけだったので、
ちょっとキープしておきたい代物だったのだけど。

















奥にあるのが明日の第5戦のチケ。
オークションでも値がつかず発券は今日になった。


それにしてもナゴヤドームは恐ろしいところだ。
今日の地上波の放送は
音声が途切れることしばしば。
まさに月面中継かのような断線がたびたび。

読売テレビ 尾山憲一さんのツイートには、
「ナゴドの中継音声が頻繁に途切れるなぅ…
 実況アナさんがその都度お詫び入れてます…
 同業者としてその気持ちが痛い程わかります。
 一度宴席が一緒になった
 東海テレビ森脇アナご同情申し上げます。」
               とあった。

ドーム球場ってのはどこも電波状態が悪い。
iPhone だと、
ナゴドの5階席、京セラドームの外野下段、
なんかはネットワークエラーの連続。
甲子園の一塁アイビー最上段もあんまり芳しくない。
東京ドームもあやしいのだという。
ヤフドはバリバリやったけど当たり前か。

サヨナラヒットで決着をつけた 和田一浩
















2004年9月24日の大阪ドームでの
近鉄最後の日を思い出した。
当時西武ライオンズの選手会長だった和田さん。
バファローズの場内一周を最後まで見届けて、
三塁ベンチ前で礒部たちを出迎えた。
それから和田さんだけは
  打たれてもしょうがないと。

♪ 勇む力 踊る鼓動 快音を打ち鳴らして
  夢奏で沸かすリズム 刻め一浩