2016年11月7日月曜日

イケフェス 2016〜 伏見ビル


シブい客船を思わせる「伏見ビル」


イケフェス2016 伏見ビル

[特別公開] 定員 なし
日時=11/5(土)・6(日) 両日とも9時~18時
「創立当時の大正末期はホテルとして利用され、
 昭和初期からテナントオフィスビルとなり、
 平成の現代はこだわりのショップを営む
 テナントが増えつつあり、ビル内は人の
 出入りが多くなりました。」と語るオーナー。
 今年も2日間、やさしくみなさんをお迎えします。



窓の上部に設けられた
円形の飾り窓が残る。
コーナーに丸みをもたせた外観、
鉄筋コンクリート造3階建て。
当時としてはめずらしい
ホテルとして人目を引いたとか。
長田岩次郎さんの設計で、
澤野ビルヂング」として
1923(大正12)年に建てられた。
当時は澤野さんという方が所有者、
時代を先取り過ぎたのか…
ホテルとしての経営は、
少し難しかったのかも知れません。

その後 銀行マンだった方が購入、
「伏見ビル」の名は、
このあたりが伏見町だから。
伏見町ビルディング」として、
再スタートを切ったそうです。

オーナーの元の住まいだった
昭和町の日本家屋から
持ってこられたという「梅鉢」。

ポーチ部のモザイクタイル。



梅鉢にはいつ訪れても、
生け花が飾られています。





左右に階段。





白い扉の各部屋は、
当初ホテルの小部屋の名残。
オーナーさんは、
ビルを1軒の家だとして、
「いってらっしゃい」と
テナントさんを送り出したり
されるそうです。





外壁の改修の時に、
元の色に近い色で塗り替えられ、
アルミサッシに取り替えた部分には、
絵を飾られるなどして、
目立たなくようにされているとか…


25 伏見ビル
所在地 :中央区伏見町2-2-3
建設年 :1923年
設計  :長田岩次郎