2009年10月12日月曜日

金魚のあかちゃん。。

ずいぶん前に近くのホームセンターの
金魚でなんと1匹30円やったそうで、
近所のちびっ子が大切に育てた金魚。
といってもエサをやってただけですがね。
水換えは虎次郎の母がやってました(爆)


水槽で元気にフナのような大きさになるまでに、
大きくなりました2年ものです。




















なんと小さな水槽のなかで産卵したんだそうです。
卵の状態の時期には「とある在阪球団のこと」で、
忙しくしてましたんで。。。
その子んちに行けなかったのですが。
昨日ようやくデジカメでの撮影に成功しました。















7日くらい前に孵化したんやそうですが、
共食いなど厳しい生存競争を避けるためにも、
稚魚の間のエサは
たくさん与えないといけないそうです。

可哀相でも選別は絶対に必要で、
いわゆる間引きっていうやつですね。



















金魚屋さんのサイトの
「金魚の産卵」ってページの最後にこうありました。

「産卵を終えた金魚は、
 人間と同じくとっても疲れてしまっています。
 数日したら又追いかけられてしまうことの無いよう、
 産卵の済んだ雌、雄は別々の水槽に移すなどして、
 当分の間ゆっくりと休ませてあげましょう。」

あまり追い回すのはいけないってこと。
やっぱりホドホドにってこと?

*





「金魚の飼い方」へ