2007年8月15日水曜日

甲子園にミステリーサークル??

昼は高校野球、夜はタイガース!!
「野球漬け」といっても、
だらだらとテレビ観戦なんですがね。















実は春のセンバツからことなんやそうですが、
ホームベース周辺に謎の「サークル」が
  白く引かれています。。

一塁や三塁を結ぶ線からキャッチャーの後ろを
通るような形で270度の円弧が・・・
なんやろうか?と思って

野球経験者の義弟に
聞いても
「ホンマや?なんやろう?」

   言われる始末。。

実はこのサークルは「ダートサークル」というもので、
俗に言う振り逃げのルールが
2007年度から改正されたことに伴うもの。

【公認野球規則の6.09(b)】
 第三ストライクと宣告されただけで、
 まだアウトになっていない打者が、気がつかずに、
 一塁に向かおうとしなかった場合、
 その打者は【ホームプレートを囲む土の部分】を
 出たらただちにアウトが宣告される。
〔これまでは、ベンチに踏み入った時にアウトだった〕

アメリカの野球場は、MLBのボールパークをはじめ
ほぼ全てのグラウンドで、内野にも芝生が敷かれています。
ただ、ベース上のプレイのためにその周りは  
「土」になっています。


ところが甲子園球場をはじめ、内野は土のグラウンドが基本です。

野球規則はアメリカで作られるものですから、
日本では明確にラインを引きましょうとなったわけです。

この「ダートサークル」の話、
ブログ手塚山通信と相互リンクしている
阪神守護天使・今日のおちちゃん」さんで、
ブログの管理人「おちちゃん」さんが教えてくれはったんです。