2007年8月15日水曜日

シャネル「モード、それは私だった」



<その名がつくと、ただのバックの値がたちまちはねあがる。
 ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネルーオーラを授ける
 「名前」の魔力。このマジカル・ワールドの謎を解く鍵は、
 メゾン「誕生」のシーンにあった!贅沢を売りたい人、
 買いたい人、どちらも必読。「ラグジュアリー」の本質に
 迫る、ブランド文化論の決定版。>


山田登世子さんの『ブランドの条件』
         (岩波新書)の

 ブックカバーにある文章だ。

虎次郎は「こだわり」ではないが、
ある意味ブランドが好きだ。
 このツールは、このブランドという風に。。。

誰もが知っているブランドである <シャネル>
ルイ・ヴィトンなどが貴族の
お抱えデザイナーであったのと違って、
ココ・シャネルは当時のモダンガールの象徴
アメリカではフラッパー、
フランスではギャルソンヌと言うのだとか、
若さを強調する一つのモードがあった。

その象徴がショートカットだった。
シャネルがジャーナリストに答えたインタビューの
こんなやりとりが紹介されていた。
  ーーあなたは髪を切らせて、
    最初の革命を起こしましたね。
  ーーちがうわ。
    私は自分で髪を切ったのよ。
  ーー他の女性たちは
    あなたの真似をしました。
  ーー彼女たちが私の真似をしたのは、
    私が素敵に見えたからよ。
    もし時代の中で何かはやったものが
    あったとしたら、
    それはショートカットじゃないわ。
    流行したもの、それは私よ。


フランス語直訳だと最後の部分は、

「モード、それは私だった」


シャネルにはイミテーションによるジュエリー、
 そしてコピーされるブラントといえば、
 <シャネル>になった。

真似されることコピーされること。
 それは本物が素晴らしいから、、

   とシャネルは今でも
  自慢げに思っているのだろう。


ちなみに虎次郎のブランド好きはというと、
 クルマは    <NISSAN>
 パソコンは   <Mac>
 財布や鞄は   <COACH>
 ウェアは    <LL.Bean>
 スポーツウェアは<CANTERBURY>

 そして<CHANEL>は、エゴイスト!?