2010年1月31日日曜日

タイムスリップ大阪万博 その17 人間洗濯機

今回紹介するのは
「ウルトラソニック・バス」
三洋電機が「サンヨー館」
    
で展示していたもので、
民家、鯉のぼり、滝、池といった
日本の心と伝統的なものの展示とは対照的に、
先端技術を紹介する
未来の家庭生活の姿を展示する
ファミリーコーナーにあったようです。









タイムスリップグリコ版
11 ウルトラソニック・バス
(人間洗濯機)






その後、「SANYO MUSEUM」
 で見ることができたようですが、
2009年6月30日をもって
閉館されてしまいましたので、
ホンモノを観る機会がなくなってしまっています。








「SANYO MUSEUM」
       のHPより







流線型のカプセルにゆったり座っているだけで
肌を清潔にするという、
どれだけ横着するねんていう代物。
浴槽内に入って好みの温度を設定して、 
スイッチを押すだけで
「かかり湯→マッサージ→あがり湯→乾燥」
           まで全てお任せ。

特殊な形をしたマッサージボール
超音波発生装置で
目に見えない汚れを落とすというのが
         ウリモノだったようです。

万博会場では6名のモデルさんが交代で、
キレイキレイになってたんだそうですが、
湯あたりはしなかったんだろうかと心配・・・


ただ虎次郎の家には
「サンヨー館」
こいのぼりバッジがあるので、
きっと見たんだろうと思うんですが、
当時3歳ですからね覚えはありません。
←2006/05/30ブログへ




未来浴槽はウルトラソニックバスですが、
髪の毛だけを洗う装置っていうのが
美容室なんかで導入されているところがありますね。
その名も「オートシャンプー」
商品名的には

「アクアバイブロ」
って名があります。














髪は濡れているときに
引っ張ったりこすったりするときに、
傷みが生じることが多いので、
この「オートシャンプー」を使えば
髪の毛同士がこすれあわないので、
キューティクルが保護されるってあんばい。
ジェット水流なのでゴシゴシってことではないのです。

おしゃれな東京の代官山とか青山とかには
導入されつつあるようですが、

知り合いの美容室の人にいわせると
結局セットするのが人それぞれで
頭の大きさや肩幅も違うので、
ほったらかしにはできないので
経費節減にはならないとのこと。

タカラベルモント社さんが
自動整髪機を発売されたのは、
1993年のこと
「シャンプーに掛ける時間をデザイン創作に」
 ってのがコンセプト。

  どんな髪型にしようかって思いめぐらすの?
  美容師さんが考えをまとめるってこと?