2018年1月27日土曜日

ザ・船場な戦後ビル㉗ トヤマビルたち

安土通に面する
安土町一丁目には、
「トヤマビル」が
軒を連ねています。

トヤマビル東館
 中央区安土町1-5-11

竣工は1972年1月、
地上9階 地下1階建。

安土通に面する南面。

そして八百屋町筋との角面、
それぞれ縦ラインのアルミ枠と、
青いタイルでアクセント
付けられています。

シックではあるけれども、
街角に印象を与えています。



「トヤマビル 東館」の文字。

テナント表示板下の
タイルはオリジナルなのか、
少し新しい雰囲気もあります。



1階部分の多くは駐車スペース、
後付で改造を加えているのかも。

西面には
ショーウィンドウスペースの
ようなものも見受けられます。




新トヤマビル

これらのトヤマビルは、
トヤマビル㈱さんが
オーナーのテナントビル。
こちらは会社によると
「中央館」と呼ばれています。

1958年1月の竣工。

定礎石には昭和32年6月20日
と刻まれています。

1階玄関ホールには
正面にエレベーター。



タイトル表示が
見つけられませんでしたが、
どなたかの作品なのでしょう。

2階へと続く階段。



トヤマビル本館

北部分が1951年3月、
南部分は1953年9月の
竣工なのだそうです。



堺筋に面する部分には、
「トヤマビル」のロゴ。
ところでトヤマビルの名、
名付け親は、
二代目 伊藤忠兵衛さん。
初代社長と親交があり、
出身地 富山県にちなんで、
名付けられたそうです。

こちら北部分



なんとアプローチに
シャンデリアが…

アールの付いた中2階前に、
2つも提げられていました。
もともとここにあったのか?

おそらく本体部分は銅製…
ロウソクの形をした照明。
灯されることがあるのか?


※このブログはトヤマビルさんのHP
 参考にしました。