2012年6月20日水曜日

千葉での交流戦も"紅白戦"のよう〜


千葉ロッテのオフィシャルショップに入ると、
タテジマの姿が目立つが・・・

もともとはロッテの縦縞は伝統的なもので、
古くは合併前の「大映スターズ」が、
サンフランシスコ・シールズ
ユニフォームを参考にした頃からのもの。

でも、タテジマって...
タイガースの代名詞ってみたいに思ってるけれど、
2リーグ分裂直後は日本球界の流行だったようです。

そして奇抜なユニはロッテのお家芸...
千葉に移った時は「サンライズピンク・ユニ」に。
 
ギザユニといえば阪神の「輝流ライン」と思いきや、
ボビーが監督の自ら企画した
サンデー・ユニフォームを身にまとう。

法被をイメージしたらしいとか。

2008年にはロッテカラーを取り込んだ
新ギザユニも登場しています。



虎次郎的にはやっぱロッテはこのユニ。
そして「オリオンズ」ってのが
ボクらオールドファンにはしっくり来ます。
「マリーンズ・ミュージアム」には、
ビックリマンチョコの「スーパーオリオン」の
ミスター・ロッテ有藤とか...
これは市販されたものではなく、
当時の川崎球場にロッテの試合を見に来た
ちびっ子に配られたもの、まさに客寄せ。
苦難の時代を過ごしてきたことが伝わります。

こちらは「さわやかディーンくん」っての、
トナカイキャラで川崎時代には、
着ぐるみが登場していたのだそうです。

時代が巡って幕張の地はまるで紅白戦??
改めて今年のタイガースのユニってほんと、
千葉ロッテ仕様やなと思いました。

でも・・・ロッテってどこかベタなのはなぜ??
M☆Splash」が踊るステージには「ゆ」??

近づくとセのキャラが染め上げられていました。

「交流泉の心得」にはこうありました。

「応援する球団からは足を洗うべからず」
共に歩むってのは通ずるな。