2012年6月30日土曜日

ハマの洋館めぐり 露亜銀行横浜支店

ハマの洋館は再活用されているものが多い。
露亜銀行横浜支店であった建物は、
「ドイツ領事館」、「入国管理事務所」、
そして「警友病院別館」と長らく活用されたあと、
ごく最近にリノベーションされとかで、
ブライダル施設となっていました

近代日本の幕開けは銀行業務は、
当初 外国銀行によって支えられていたようです。
露亜銀行の前身「露清(ろしん)銀行」は、
1898年(明治31)に横浜支店を居留地に出し、
1900年には神戸にも支店を開設したそうです。

露清銀行は、帝政ロシア・フランス・清国の
三国資本により設立された国際合弁銀行だそうです。

帝政ロシアの極東政策に関与していたこともあって、
1904(明治37)年2月の日露開戦で、
日本国内の露清銀行各支店は閉鎖。
横浜支店もこの年の2月10日閉店したという。

こちらからはLa Banque du LoA のサイトより
かつての姿を・・・

半円アーチ窓

エントラス部分に施された
三角形のペディメント

イオニア式円柱

かつての円柱の上部だろうか・・・


露亜銀行横浜支店
→ドイツ領事館→法務省横浜入国管理事務所
→警友病院別館
La Banque du LoA(ラ・バンク・ド・ロア)
建築年:1921年(大正10)
改修年:2011年(平成23)
構造:鉄筋コンクリート造り3階
設計:バーナード・M・ワード
所在地:横浜市中区山下町51-2
【横浜市指定文化財】


※建物名をクリックすると
グーグルマップ「虎次郎の横浜洋館まっぷ」が見れます。