2008年11月20日木曜日

東京でやり残したこと・・・

秋口に訪れる東京。。
ここ二三日は大阪も寒い日が続きますが、
例年よりもずっと秋めいていました。

















東京ドームの前の紅葉はライトアップされ、
さも金色に輝くよう。。
黄金の国ジパングは桃山江戸時代の金箔文化を
異国人たちが目にしたからと一方で、 秋の金色に輝く紅葉、
そして実りの田畑の稲穂が煌めくのを
 見て「黄金の国や」と言われたとも言われます。


実は東京を旅立つ11月17日は、
渋谷で虎次郎が好きな“太陽の塔”の兄弟分でもある、
岡本太郎さんが描いた「明日への神話」の  
  永久展示のスタートの日でもありました。


















東京・渋谷のJR渋谷駅と商業施設
「渋谷マークシティ」を結ぶ連絡通路での、
除幕式はこの日の夕方。。
ぜひにとも立ち会いたいと思っていたが、
東京の実情を知る虎次郎の妹に
「渋谷なんて兄ちゃんには無理、
 しかも初日はマスコミでごった返す。
      またにしい。」と一蹴。

対面はまたの機会に
 取っておくことにします。

















←2007/02/15
「明日への神話」に関するブログ
虎次郎の表参道探検!1> 岡本太郎記念館










←ランキングにポチットな(・ω・)v