2017年11月14日火曜日

イケフェス大阪2017 日本基督教団天満教会


イケフェス2017 ラストは、
鎮ブロック工法の教会建築
日本基督教団天満教会」です。

5年前に保存・改修工事を行われ、
耐震性強化とともに
バリアフリー化を実現されました。
礼拝堂の音響調査も
実施されたとか…



鎮ブロック」工法とは、正式には
中村式鉄筋コンクリート建築法
と呼ばれ、1921年(大正10)に、
教会の設計者 中村鎮さんが
特許を取得されたものです。

先に鉄筋を立てて、板片状の
L字型をしたプレキャストの
コンクリートブロックを互いに
組み合せて積み上げ、
その隙間にコンクリートを流し込む。
ブロックはコンクリート型枠を兼ね、
壁体の一部となるものだというもの。



[鎮ブロック]

天満教会は、
1879年(明治12)1月に
天満橋基督教会として創立、
翌1880年ここに移転後 
天満基督教会となった。
1928年(昭和3)12月に、
いまの教会建築となりました。

正面は略対称形で、
階段室前面を矩形意匠、
つまり等しい四辺形
構成されています。
礼拝堂に架ける楕円アーチの梁に
連続アーチをくり抜いています。



「特に2階聖堂は竣工時より
 ほとんど変更されておらず、
 照明等の調度品を含めて
 竣工時の物を使用しており、
 教会のこの建物への
 愛着が伺い知れる。

 また、中村鎮が述べるような
 鎮ブロック工法での廉価で堅牢な
 建築物であり続けていることも
 含めて興味深い。」
2008年の日本建築学会による
研究報告には高く評価されています。

聖堂の壁仕上げは、
従来の漆喰ではなく、
スサを海苔で貼り付ける
工法が用いられているとか…



中村鎮さんが躯体だけでなく、
細部の仕上げについても
オリジナリティをもった、
取り組みが伝わっています。
















「日本基督教団天満教会」
竣工年:1929年(昭和4) 
改修:1959年(昭和34年)、2012年[耐震補強]
設 計:中村鎮
構 造:鉄筋コンクリート造4階建
所在地:大阪市北区天神西町4-15
【国 登録有形文化財】

イケフェス2017プログラム
特別公開
日時=10/28(土) 11時~15時
    10/29(日) 13時~15時
定員=なし 参加費=無料

ガイドツアー
日時=10/28(土)・29(日)
    両日とも14時~14時30分
定員=各20名(小学生以上)参加費=無料

※このブログは、
「日本基督教団 天満教会会堂 意匠調査」
 平成20年度 日本建築学会近畿支部 研究報告集
 を参考にしています。