2017年11月18日土曜日

京都特別公開2017秋 西念寺


京都特別公開2017秋
 木津川めぐりのラストは、
西念寺さんです。
JR加茂駅までも常念寺から、
グーグルマップ検索で行くと、
起伏の多いコース取り(大汗)。

なんとかたどり着いた加茂駅から、
奈良交通の直通バスで…
でもバス停からかなりの距離、
最後は「鹿背山城址」なる
石碑から急勾配が続きました。

鹿背山城とは…
中世の山城で、

山の斜面を削ったり、
土盛をして出来ています。
城は武士が作るものという
常識に対峙する存在で、
この城は興福寺が築城したもの。

藤堂氏が16世紀中頃に
大和に侵入したのち、
多聞山城(奈良市)を築城し本城、
西を信貴山城、
東を竜王山城(天理市)、
そして北の拠点を鹿背山城とする
四城体制を構築していたようです。

西念寺に残る
『鹿山寺略縁起』によると、
薬師如来 本尊の浄勝寺から、
鹿山寺に改める。
いまは「鹿山 医王院 西念寺
(かせやま いおういん さいねんじ)

十一面観音像
京田辺市の白山神社の神宮寺

法雲寺にあったもので、
普段は京都国立博物館
寄託されている仏さま。

特別公開で
お戻りになっていました。

裏堂に祀らえる
阿弥陀如来坐像」。
お顔の部分 面相部のみ
平安時代のもの。

裏堂に祀るとは、
「裏にあるお堂」
という意味ではなく、
かつては本尊として
中央に安置されていたものが、
新たな本尊が伝来され、
脇に祀られることになること。

薬師堂本尊「薬師如来坐像

内陣…
 
周りを囲む十二神将像制作年代など
まだまだ謎が多いとか…
研究がまたれます。