2010年6月27日日曜日

虎次郎の収集癖 ボトルキャップ・フィギュア

神宮のデーで勝てなかったタイガース。
久しぶりに甲子園に戻ってきます。

中日との3連戦は、

正念を入れ替えて臨まねばなりません。

初戦の火曜日の試合前には、
アニキ金本選手の
1492試合連続フルイニング出場の
『ギネス世界記録』認定書の授与式
      があったりします。



3連戦中は7時30分までに行けば、
アニキの下敷きがもらえたりします。









思えば1980年代の甲子園の
ファンプレゼントといえば

この下敷きが定番でした。
といっても紙製にビニル貼ですがね。












いまでは
「メモリアルフォトシート」
なんて
こじゃれた言い方をするようですが・・・

もう一つ甲子園で始まるのが、
「エコキャップ運動」っての。
ペットボトルのキャップ回収運動のこと。
ペットボトルのキャップって、
ポリプロピレンという材質でできている。

本体は
「ポリエチレンテレフタレート」
という違う素材だから、それぞれ別々に
リサイクルってことになってます。

再資源化せずに焼却すると当然CO2が発生、
再資源化により得られた売却益で
発展途上国のこどもへのワクチン接種の
役立てようとする取組みですな。

タイガース選手会が独自にやってる
『Green Baseball Project』の一つ。
1日を含む3連戦という割合で
今年は3回行うというその1回目。







鳥〜会長も
ガンバッテルそうなので協力してみるか。



前置きが長くなった。。。
「ボトルキャップ・フィギュア」のお話。
ペットボトルの誕生とともに
その販促として始まり

コレクションアイテムとして
定着したのがそれです。
















1998年にペプシから
「ペプシマン」に引き続き登場したのが、
虎次郎が大好きな「スターウォーズ」もの。

オドロオドロしい宇宙人の生首は、

マニアでないとかなりアヤシい代物。

ディスプレイするに及ばずに
かなりの数が引き出しに残っている。



















実はこの「ボトルキャップ・フィギュア」には、
ペットボトル誕生の前に
そのルーツを持っていたという。

1979年にサントリーエードの
ジュースの瓶のの蓋として登場した。
12球団のヘルメット型ボトルキャップがこれ。












サントリー・オレンジエードか
グレープフルーツエード の
1ℓ瓶を5本買うと
好きな球団1個がもらえたのだという。

かなり精巧なツクリみたい。。
ほしかったなぁ〜
実際に使わずに・・・・
あくまでコレクションアイテムとして。