2010年3月21日日曜日

縁と活動・・・

一昔「ご縁がなかったようで」
というコトバが使われていた場面に、
「活動」という言葉が
上りもてはやされるようになった。



見つけにくい探しものが増えた昨今、
全入時代を迎えたワカモノたちに
最初に直面するのが仕事探し。

就職活動を「就活」とよぶ。
今春新卒者の就職難も深刻だ。

次に来るのが結婚相手で、
それを「婚活」(コンカツ)という。
「婚活」の次には出産。。。
「産活」というのが控えているとも。


仏教のコトバに「合縁奇縁」
 (あいえんきえん)というのがある。

人と人との気心が合う合わないということは、
すべてこの世の中の不思議な因縁によるといったが、
広い世界で人と人が出会い、
時に結ばれるということを神秘性を込めて
  「縁」といったのは遠い昔か?