2010年3月1日月曜日

味わうのに集中した『人間失格』

「映画『人間失格』が
 公開しました
 素晴らしい映画です
 絶対に映画館で
 観てほしいです

 優れた作品の中には、
 味わうのに集中と努力が
 必要なものも
    あると思います。」








艶っぽいと感じる
石原さとみ
さんのブログの
コトバに誘われて観てきました。

『人間失格』の主人公 大庭葉蔵は、
架空の人物だが漫画家という設定。
原作って何時読んだのかな?
たぶん高校生の頃だった。。
読み返すのは重たすぎるので、
映画ではどうなるかと思い。
『オーシャンズ』にするかと
        マヨたが。

「大人の男を嘗めるなよ。
 キスするぞ」

 生田 斗真 さんの「大庭葉蔵」

石原ひとみ さん演じる、
無垢な心に惹かれる煙草屋の
娘・良子の“空気”が続けば
「失格」にはならなかったのでは?
       とふと想った。


「生きることの無常」
謳ったとも言われる作品。
原作に出てこなかった「中原中也」
V6の 森田 剛 さん
を起用したことには
  賛否両論がありそうだ。


今の時代には難しい素材だとシミジミ。
リカイしづらいのは時代か?
虎次郎のリカイ力か?