2010年3月4日木曜日

五輪のミカタ?

金の取れなかった
バンクーバーオリンピック。


熱戦が終わってちょっと落ち着くと。
キーワードはやはり破天荒 か?















女子アイスホッケーのカナダ代表チーム。
表彰式後にユニホーム姿のまま、
リンクでビールを飲んで、
葉巻を吸ったりして大騒ぎ。
謝罪会見をするハメになった。


もうひとつはスノボの国母和宏くん。
スノボってラフってのが
ファッションのスポーツだけど、
ジャケットの着こなしはキチッとしていた方が、
カッコよかったかもと思うが。。

いずれにしても。
橋本聖子さんが団長
コワかったんだろな。
でもその対応にさすがだと感心しきり。

カナダはお家芸のアイスホッケーでは、
負けられないというプレッシャーのなか、
おおらかなお国柄を感じさせた。


アジアの国の待ったなしのムードは、
のびのびとしたプレーって??
ちょっと難しいのでないかと。
真央ちゃんの涙〜〜。

時差が17時間あるから、
昼間に結果をネット中継で知っていたので、
夜のおさらいなのでなんか燃えなかった。

フィギュアスケートの試合は、
ヤフーでネット中継があったし、
文字情報ではあるが五輪漬けに。
お隣の韓国でもキム・ヨナ選手の中継には、
ポータルサイトやインターネット放送局は
   万全の準備で臨んだそうだ。

最近は Twitter の書き込みがあるので、
BS が見られる人をフォローしていると、
まさに試合中継さながらの
  書き込んでくれるので。。。


証券市場も「ヨナ・タイム」には
取引がぐっと減ったそうだ。
韓国の新聞によると、
キム・ヨナ選手の出番1分前までも1分当たり
80万株以上のあった取引が、
試合中には30万株以下に落ち込んだそうだ。


最近話題になってるのは、
キム・ヨナ批判から始まったとされている
2ちゃんねるサイバーテロ攻撃とやら。。
リアルタイムの応酬が可能になった
ネットの深みを感じさせるエピソード。


Twitterにボソボソとしか、、、
iPhone で ガツガツ打てない虎次郎には、
チンタラがちょうどいいのか。。。
いつでもオチレル余裕を持ちつつ。



次のオリンピックは
夏はロンドンで2012年。
冬はソチ(ロシア)で2014年。
どんなミカタになるのだろうか?