2010年3月2日火曜日

大阪万博メモリーズ


このブログで
ときどき紹介している
フリーペーパーの
「月刊島民」3月号は、
大阪万博メモリーズと、
EXPO特集だ。









「万博マニアなカフェがあった!」
 最近足しげく虎次郎が通う 
 EXPO CAFEが紹介されている。
 これでメジャーになってしまうかも知れない。
 ちょっと心配でもある。




















「Memories of ART」では、
 中之島周辺に残る「万博遺産」が
    紹介されている。
 こちらはブログネタとして残しておこうかと。


「島民的 パビリオン伝説」

 中之島周辺の企業は万博の出展企業でもあった。
 「住友童話館」「サントリー館」「古河パビリオン」
 「みどり館」「電力館」なんかがそれだ。



 














 電力館
(EXPO70スタンプコレクション より)



「万博ゆかりの料理人たち。」では、
 万博で人気を集めた「水中レストラン」で
 厨房にたっていた 松本則雄 さん。
 現在はリーガロイヤルホテルの惣菜料理長を務める。
 ドイツ館の職員でその後ドイツレストランの
 オーナーシェフとして活躍している
 クッチマン・ロルフさんのインタビューがならぶ。

最後は大阪府立大学の教授で、
上海万博の大阪出展実行委員会のプロデューサー
橋爪紳也(はしづめ・しんや)さんのコラム。
「大阪万博がもたらしたもの。」


電車のなかでパラパラと読むのにちょうどよい。
京阪電車のスポット以外でも手に入るところがある。
3月15日ごろには WEB版 も掲載される予定。