2009年11月29日日曜日

紅葉の京都

土曜日は仕事だったが、
昼から京都まで足を
    のばしました。
「円空・木喰展」は、
京都駅の
伊勢丹であったので、、

駅前から市バスに乗り
清水・祇園界隈へ
ほんと「紅葉の京都」
人ひと人で溢れかえっていました。






勝手知ったる京都の地。
ただ建仁寺
拝観時間には、
間に合いませんでした。

建仁寺といえば
「風神雷神図」
金澤翔子さんの書
「風神雷神」とともに
本坊内の大書院で公開中

 だったとか。。。





もう少し計画的に動けばよかったと。。
実に惜しいことをしました。















夕暮れに映える「法堂」
1765年(明和2年)に作られたもの。
代表的な禅宗様仏殿建築で天井には、
2002年に創建800年を記念して
描かれた
小泉淳作 画伯の双龍を見ることができたはず。
こっちも見たかったな〜。

















境内にある「西来院(せいらいいん)」では、
京都大学書道部の展覧会があり、
そこのお庭を見せてもらうことができました。
いや〜こんなにゆっくり「紅葉の京都」を
めでることができるなんて。。


















ここはもともと平常は非公開なんだそうで、
書院広間を使った催事があるときだけ
見学することができるのだそうです。

でも建仁寺で書道展なんてさすが
京都大学ですね感服いりました。