2009年11月9日月曜日

焼肉の楽しみ。。

焼肉では
今や外せない〆の
一品の 冷麺
粉から練ったものを
“ところてん”の
ように押し出して
作られている。
ラーメン屋には
夏になると
「冷麺はじめました」
張り出されるが、
あれって外すのは
いつが
メドなんだろう?






弁当チェーン店のほっかほっか亭には、
「この商品は期間限定のため
 ○月○日をもって販売停止といたします」

 って張り出されるらしいです。

そもそも焼肉屋の冷麺は冬の料理で、
オンドルで温められた室内で、
火照ったカラダを爽やかにするのが
    冷麺の役割だ。




ところでもう一つ
虎次郎が
焼肉屋で外せないのが
「ビビンバ」
「骨董飯」という
別名を持っている。
混ぜる前の配置には
陰陽五行説に
根差されたものに
なっているもの。
「医食同源」に思いをよせ、
混ぜる前に
眺めてみたいものだ。
バランスの良さと
彩りも兼ね備えている。




それと
「チヂミ」・・・
煮物のことを意味する
       コトバ。
汁気の少ない
煮付け料理と
グツグツ煮る
チゲ鍋料理の間にある
存在やったそうです。
昔は油で焼いたチヂミ
少しスープをかけて
食べていたんだと。







ちなみに日本での「冷麺」発祥は
大阪の「食堂園」さんなんだそうです。


同窓祭にはOB企業の
グルメテントが出ててまして、
「食堂園を10倍楽しめる本」っていう
食堂園ハンドブックをもらいまして、


「うまく食べる。
 うまく楽しむ。」

って紹介してありました。