2014年10月13日月曜日

ハマの洋館めぐり 旧本町旭ビル

ヨコハマの洋館めぐりの
ランドマークともいえる
本町通りの
横浜開港記念館と向き合って立つ
旧本町旭ビル」。
あの不動産、建築を手がける
綜通グループ
テナントビルになっている。
ジャックの塔に見とれていることが多く、
ついついカメラに収めていなかったのである。
現在のビルは旧ビルをファサード保存、
1995年に建替えられたて今に至る。
両側の玄関周りにテラコッタ、
受けたとされる装飾と伝わる。
1930(昭和5)年に大阪の商社「江商」の
横浜支店として建てられたのだそうです。
江商とは近江出身の北川与平
輸入綿糸の取り扱いを目的として
横浜に創業した北川商店がルーツとか。
コンクリート造の表面にタイルを貼った
昭和初期の典型的オフィスビル。
横浜洋館ライトアップにも
参加しているとか...
また夜にでも眺めてみたいと思う。

「本町旭ビル」
→綜通横浜ビル
建築年:1930年(昭和5)
構造:[旧建物]
    鉄筋コンクリート造り5階建て、地下1階
   [現建物]
    鉄骨鉄筋コンクリート造り10階建て、地下2階
設計:不詳(現建物:日建設計)
施工:大林組
所在地:横浜市中区本町1-3
ファザード保存(1995年)
【横浜市認定歴史的建造物】