2013年8月9日金曜日

ひろしま へいわ たいせつ(・ω・)v


広島の平和祈念式に行って来ました...
思えば「広島」ってトコを
避けてきた頃がありましたが、
紆余曲折があり今では馴染みの街に。

原爆ドームを過ぎると 元安橋 は長い人の列。
まだ6時半ごろなんですが。。。

原爆の子の像」周辺にはプラカードを掲げた
外国人らしき方の姿もありました。

大回りして会場に向かうと「おしぼり接待所」。
凍ったおしぼりを頂きました。
小学生のお手伝いの女の子からもらいました。

木立の間に式典を伝えるモニターが各所に
設けられていました。
パイプ椅子の「一般席」は、
誰でも座ることができるそうですが...
ほぼり午前7時半ごろには
ほぼ満席状態となっていました。

7時20分になると、
原爆死没者慰霊碑」には
近づけなくなるということなので、
献花をするために向かいます。
霧がかかっているようにみえるのは、
暑さ対策のためのミストが漂っているからです。

慰霊碑前は長い行列ができていました。

そして「平和の鐘

献花後...「冷水サービス」を頂きました。
パンフレットとか切花の配布は、
ボーイスカウトやガールスカウトの
子どもたちが行なっているそうで、
会場案内のスタッフは
「市青年連合会」方たちとか。

電停近くには介助支援のボランティアの
人たちがサポートされていました。

テレビなどで見ると
式典会場だけしか映りませんが、
原爆ドーム周辺は騒然としていて
そこかしこで緊張感が漲っていました。

いろんな主張が入り交じる場所。

「原爆ドーム」を見つめる多くの目。
反対にモノ言わぬ存在は木々と...
太陽と瓦礫だけ...
 
暑い日差しのなかに咲く
キョウチクトウ」(夾竹桃)。
被爆焼土にいち早く咲いた花は、
原爆からの復興のシンボルで
広島市の花でもあります。