2008年1月21日月曜日

『ロストジェネレーションの逆襲』

戦後レジームからの脱却。。。。。。
世界に冠たるニッポン。。。。。。。


このコトバが大コケしてから、
   しばらく時を費やした。

1970年代生まれのバブル崩壊後の
「失われた10年」の世代を、
ロストジェネレーションという。。。
 朝日新聞が定義したコトバ。
非正規雇用が増え、
 賃金格差が広がった世代でもある。


受け身的な言葉でもある
 このロストジェネレーションだが、
では彼らの雇用を奪ったのはだれか。
そんな経済社会をつくった責任は??

 という話題に世代間格差というコトバに
       集約されてくる傾向にあるようだ。

「生まれた時代を間違えた」とか、
「不運だった」とか、

若年層の非正規社員化には、
子ども世代のパラサイト化に由来するとか。
少子化なんで、
 親元にいれば定職に就かなくても
 深刻な事態にならないから、
社会問題として噴出してきていないのが
        いつまで続くか????


彼らの多くが生まれた1977年。
その年、日本 と同じような不況に陥った
イギリスにあるパ
ンクバンドがあった。
皮肉にもその名は

「セックス・ピストルズ」

唯一のオリジナルアルバムは

“ Never Mind the Bollocks ”
 日本語では「勝手にしやがれ!!」


いつかは「勝手には出来ない時」
               来るのである。

自分の頭で考えられるよう、
 人のせいにばかりしない。
そう心がける自戒の時をこの本で持った。