2016年7月26日火曜日

大阪の近代化遺産をあるく〜ワセダヤビル


堺筋と本町通りの北東交差点…
王冠を戴くビル。
空から日本を見てみよう」では、
計測されていないようですが、
まさにトンガリの敷地に立ってます。
もとは1903年(明治36)創業の
早稲田屋シャツ」の本社ビル。

なぜ社名がワセダヤだったのか、
よくわかりませんでした。
早稲田大学の大隈記念講堂
模してあることだということ。
船場の繊維会社がナゼ?ワセダ。
王冠の下にある
ステンドグラスには、
シャツを着た男の人がみえます。

1988年に会社は、
トミヤアパレルに吸収合併…
その後「ミツワグループ」へ。
オーダーシャツのブランド名
としては存続しています。
一時期 WASEDAの王冠は、
CAFF'E 珈琲館」の看板で
覆われていれいましたが、
千鳥屋宗家さんが
テナントに入られて復活です。

ワセダヤビル
→千鳥宗家 堺筋本町ビル
建築年:1935年(昭和10)
設計 :不詳
構造 :鉄筋コンクリート6階建
所在地:大阪市中央区本町2-1-2