2016年7月20日水曜日

村野藤吾のファサード⑦ 村野・森建築事務所(大阪市阿倍野区)


「1929年、独立した村野は、
 自宅の一部を事務所とするが、
 この周辺に多大な土地を有する
 泉岡宗助の助力もあり、
 北と東に道路を有する
 この場所に移転し、
 事務所を構える。」※

[模型1/100 京都工芸繊維大学蔵]

村野が渡辺節から
独立すると決心したのは、
商業建築に興味があって、
その依頼主が村野のもとに
集まり始めていたからだそうだ。

近づくと…粗ずりなタイル
本来目地とタイルは凸凹があるはず、
それが生じないように仕上がり。
タイル面をオーバーするように
塗られた目地は、
世界平和記念聖堂」にも通じる。

[世界平和記念聖堂のタイル目地]

タイルは「シャモットタイル
というもので、
きっちり丁寧に作りこみつつ、
見た目は荒っぽくザックリ…
まさに「職人泣かせ」の技法。

玄関門扉

内側からみるとこんな感じ。
白い扉は金属板に切れ目を
入れながら押し上げたもので、
エキスパンドメタル」。
村野の好んだ表現のひとつ。

こちらは
村野の蔵書が収められていた書庫。
書庫内の階段は幅が狭いが…
村野の私的情報空間と
いえるものなのかもしれません。

北側壁面
千鳥張りされたタイルと
コンクリートの壁のコントラスト。
北東側には窓のバリエーション。

地下室への採光のブロックガラス

村野事務所が移転して、
個人宅に持ち主が変わって、
その後ミュージアムにしよう!
って話もあったみたいですが…
いまは某事務所になってます。

周辺もどんどん空き地、
コインパーキング…
そしてマンションとなるから、
早いうちに村野資料館なるものに、
なって欲しいなぁ〜なんて。
なくなったら取り戻せないからね。


「村野・森建築事務所」
竣工年:1970年(昭和45)
設計 :村野藤吾
構造 :SRC造・RC造 3階、地下1階
所在地:大阪市阿倍野区阿倍野筋2-3-8