2016年7月5日火曜日

広島アンデルセン永遠に〜


広島の朝の楽しみ…
広島アンデルセン
野菜たっぷりスープセット」。
チンチン電車に乗って、
ちょっと遅目の
ブランチってやつです。

ただ…が~~~~ん。
元店舗はココ。

なんと老朽化で、
ついに建て替えなのです。

原爆投下20年前の1925年、
三井銀行広島支店として

中2階の回廊、
ルネッサンス様式の美しい建物。
1945年8月被爆

爆心地からの距離360m。

爆風によって大破

そして全焼。

産業奨励館を残すのか…
徹底的な破壊のこちらを残すべき、
との意見もあったそうです。

原爆ドームも耐震補強をしたのだから、
当然のこと使い続けられている
広島アンデルセンは、
より基準が高くなるのは必然。

建て替えの方針が明らかになったのは、
2013年のことだそうです。
「社内外にとって価値や思い出がある」
として、存続策を探ったのだそうです。

ただ耐震補強は、
建て替えを上回る費用がかかる…
被爆外壁を全て残す方向で、
一応の決着がついたが、
部分保存は難しい…

もともとアーケードがあるから、
ファサード保存にも困難が、
待ち受けるかも知れません。

被爆70年を迎えた広島、
被爆建物の解体が進んでいるとか。
登録される施設は現在86と、
続々と解体されていくらしい。

せめて解体される前に…と