2016年5月2日月曜日

奈良じゃろの〜② 南都銀行本店


JR奈良旧駅舎から奈良博に向かうと、
みなれた南都銀行本店もええ感じに
現れてくれます。

アーケード側からだとは違う印象!

イオニア式円柱も立体的だけど…

東側はペッタリしております。

1926年(大正15)年4月に
旧六十八銀行 奈良支店として竣工、
旧六十八銀行は実は国立銀行だったとか。

1928年には奈良支店が
新本店となったのを契機に、
同年他3行との合併にして
南都銀行が誕生したのだそうです。
南都銀行 本店として、
現在もその機能を果たしています。

アメリカ製金庫扉、窓口シャッター、
消火栓、温水暖房、天井扇などなど。
近代的設備が施された総工事費は、
巨費が投じられたので、
スタートは支店でしたが、
本店となるべく設えがなされました。

外壁には岡山産の花崗岩
褐色の煉瓦で仕上げられています。



イオニア式円柱のたもとを飾るのは、
なぜか羊さん???

こちらはフラットバージョン。
由来には諸説あるようですが、
古代ヨーロッパにおいて
民に多くの富をもたらした家畜。
金融機関のシンボルとして、
採用したのと伝わります。

「南都銀行 本店」
六十八銀行 奈良支店→
建築年:1926年(大正15)
構造 :鉄骨鉄筋コンクリート造3階建
    一部4階建
設計 :長野宇平治
【登録有形文化財】