2012年1月21日土曜日

TAROアートピースコレクション《こどもの樹》

D.こどもの樹



「幼子の顔は七色に変化する。
 笑ったかと思うと泣き、
 泣いたと思うと喜んでいる。
 母ににているかと思えば父のようでもあり、
 ふと祖父やきょうだいの表情が浮かびあがる。
 おとなのように、
   表情が社会的な道具になっていない。
 喜怒哀楽が地続きなのだ。
 子供の無垢はそれを純粋に表現する。
 そのためには多くの腕を持つ樹木がふさわしい。」

おそらくアートピースコレクションのなかでは、

これが一番色分けが大変やったろうに。

怒ってるのも、すましてるのも、
ベソかいてるのも、そうベロ出しも
   ちゃんと塗り分けられてる。


多くの枝の接合部に違和感があるものの、
この小ささならモデリングとしては、
グッジョブといっていいと思う。



去年の夏に東京青山の「こどもの城」にある
《こどもの樹》を見てきたときの写真。