2018年5月13日日曜日

熊本たてもの めぐりん⑤ 早野ビル


熊本では初の貸ビルと伝わる
早野ビル」は1924年に、
早野建物合名会社により建設。
2階から3階に連続した窓周りや
外壁の柱に装飾が施される。

設計は熊本県工業学校卒の
矢上信次さん。
屋上の壁に「当館建築」という
石のプレートがあって、
竣工年、施主、建築者などの
名前が記されているそうです。
熊本地震では壁の剥落などが
一部あったものの、
ビクともしなかったそうです。
こちらは近くに立つ
石組みの建物…
隣接する場所は、
木造家屋だったかも?
多くが全壊となったとのこと。
早野ビルに戻ります。
ビルの周りは
100円パーキングが囲む。
隣接していた建物の
フォルムが残ります。
裏手にもしっかり上部には装飾。
そしてさらに裏手には、
最上部に三角の屋上部。
ビル周りの花壇までの壁は、
コンクリートの仕上げに
バリエーションを効かせて。
登録有形文化財には
1996年12月に登録、
練兵町」の地名表示とともに。
活版印刷所やギャラリー、
デザイン事務所、
熊本県精麦協同組合などが入居。

玄関部の床面のタイル貼り。


電車道の正面…
塔屋の装飾もオモシロい。


角地という立地で、
角に向かって階数が高く…
遠近感が強調され迫力があります。

「早野ビル」
竣工年:1924年(大正13)
設計 :矢上信次
構造 :鉄筋コンクリート造3階建(一部4階)
所在地:熊本市中央区練兵町45
【国・登録有形文化財】