2016年6月6日月曜日

大阪の近代化遺産をあるく〜又一ビルディング


御堂筋は近代化の象徴でしたから、
至極当然に近代化遺産が今も残る。
ファザードを遺して今に伝わるのが、
又一ビルディング」。

現代的なガラス張りのビルに
こんな感じで囲われるように…

テラコッタはルネッサンス様式。

もとは通り向かえにある
南御堂難波別院
によって建設された
大谷仏教会館」。

軒下のテラコッタも秀逸。

かつての「大谷仏教会館」

床下換気口のグリル。

柱の上にはアカンサス。

こちらは玄関部分のアーチ。

鳥が飛び交うレリーフ。
よくぞ遺してくれました(・ω・)v

こちらはビルが作られたときのも。

デザインの風情も引き継がれています。

「大谷仏教会館」

→又一ビルディング
建築年 :1919年(大正8)
ファサード保存:1985年(昭和60)
設計  :竹内緑
改修設計:竹中工務店
構造  :鉄骨鉄筋コンクリート造 11階地下2階
所在地 :大阪市中央区久太郎町3-5 
【大阪まちなみ賞 奨励賞】