2016年6月30日木曜日

倉敷で遊びょーる② 虎次郎の由緒


倉敷といえば“大原美術館”ですが、
アイビースクエア内にも美術館の
分館なるものがあります。

「大原美術館 児島虎次郎記念館」が
この赤煉瓦です。
倉敷紡績の第二代社長の
大原孫三郎という人は、
現在の早稲田大学である

東京専門学校で学ぶのですが、
学業よりも遊興に身を投じたとか。

若いときは倉敷に、
連れ戻されるような
生活をしていたようです。
ただ、
孝四郎のあとを継いだ後は、
自らの行いを悔い改め、

実業のさらなる発展に尽くします。

そして記念館の名にあるのが、
自画像の児島虎次郎です。

虎次郎は1881(明治14)年、
現在の岡山県高梁市成羽生まれ。
大原家の大原奨学会から支援で、
東京美術学校西洋画科へ入学。

【「和服を着たベルギーの少女」1911】

その後孫三郎が、
ヨーロッパ留学を勧め、
ベルギーの美術アカデミーを
首席で卒業し、帰国。

【「朝顔」1916-1918】

一歳違いの二人は、
画家とパトロンという間柄を
越えた生涯の親友だったそうです。

一方で、
孫三郎は石井十次との交わりから、
石井経営の岡山孤児院の支援をはじめ、
社会事業にも取り組んだそうです。

倉敷へ戻った虎次郎は、
孫三郎らの勧めで
石井十次の長女・友と結婚。

今の倉敷市酒津
新居とアトリエを構えたそうです。
風土や画材の違いに悩みつつも、
ベルギーでの学びを活かし、
地元の景観などをモチーフに、
数々の優れた作品を描きました。

記念館はもとは、

倉敷紡績工場の製品倉庫として
建てられたものです。

工場敷地の西北隅に位置し、
コの字型平面。

入口廻りの額縁のデザインが印象的、
要石の位置にクラボウの社章、
「二・三のマーク」


「社訓「謙受」の精神をシンボライズ。
 人々はとかく一番になると、
 慢心し心が緩み後退するので、
 たとえ何事において
 一番になったときでも、
 常に二番・三番にいる気持ちで、
 一番を目指すつもりで努力せよ、
 という訓戒をカタチにしています。」
のだそうです。 クラボウHPより

瓦葺の鬼瓦にも社章がみえました。
「児島虎次郎記念館」
建築年:1906年(明治39)
設計 :不詳
構造 :煉瓦造2階建、瓦葺
所在地: 岡山県倉敷市本町1160