2014年3月7日金曜日

建築史探偵団・京都8 今に活きる洋館〜フローイング・カラスマ

烏丸通りと蛸薬師通りの交差点、
いわゆる京都の銀行街に出で立つ洋館。

もともとは山口銀行・京都支店
そして北國銀行・京都支店として
2004年まで使われていた。

2007年にリノベーションされて、
今は「flowing KARASUMA」という名の
カフェとして営業されている。
中庭にはにはテラス席もあるらしい... 
 設計は「辰野葛西建築事務所」。
辰野さん晩年の設計だから、
煉瓦と白い石の組合わせ
そして角の尖塔も踏襲しているのだけども、
ちょっと新しさが見て取れる。

レンガでなくタイル貼りなのかも???

◆、◯、■の装飾が極めてモダンだし、
削ぎ落とされたデザインは、
熟年期に時代を映した若々しく建物。
辰野式建築の進化型とも言えるのでは...
面構えもそして使われ方も
大阪のオペラドメーヌと似通ってる。

旧 山口銀行 京都支店
→北國銀行 京都支店→flowing KARASUMA
建築年:1926年(大正5)
構造:鉄筋コンクリート造タイル貼り 2階建
設計:辰野葛西建築事務所
構造:RC造2階建
所在地:中京区 烏丸通蛸薬師南西角