2009年6月28日日曜日

夏柑糖。。。

「夏みかん」は
もともとは
ナツダイダイ
     が本名。













江戸時代中期に、山口県仙崎町 大日比 の海岸で、
村の娘 お蝶 が、流れ着いた珍しい果実を拾って、
その種子を宅地に撒き付けたのが
     その起源とされています。


山口県仙崎町??
 山口県長門市の一地域で旧・大津郡仙崎町一帯を指す)


昨日、、、
夏みかんを使った 寒天菓子
   " 夏柑糖 "が届いた。
母の友人からのプレゼントだ。
京都の京菓子の「老松」さんの絶品だ。



















もともと酸度の強い夏みかんを寒天で
固めるのはとても難儀のいったことで、

またグループフルーツの台頭で、
ほとんどの夏みかんは甘夏
取って変わられたこともあり、
似たものはあるけれど、、
原産の萩や和歌山県の農家にも
働きかけひとたび
甘夏に変 えらえれていた樹を、
夏蜜柑に戻してもらうことで数を
   確保しているのだそうです。



それにしても雑味のない味。。
ホンモノはやっぱり旨いよなぁ。。。

        (・ω・)v















←ランキングにポチットな(・ω・)v