2016年2月11日木曜日

神戸の異国教会めぐり⑤ 本壽寺


南無妙法蓮華経に大黒さま、
見上げると合唱のお坊さん。
ここがモダン寺?と思っていたら…

どうも違うようでした。
モダン寺については次回に!!

固く表門が閉じられていたので、
脇門から入ると…

とってもモダンな
お手洗いがありました。

六地蔵…

カエルさんの燭台?

ひょうたん型の大理石の机。

境内にも
南無妙法蓮華経とあるから、
日蓮宗なんだろう…と。



手すりには干支の

こちらは

階段をのぼるとさらにモダン。

見下されていたのは、
弘法大師空海とか。

あまり広くない境内には、
宗派にこだわらない万物が所狭しと。



あとでググッてみると
神戸刑務所のルーツは、
「日蓮宗 本寿寺に徒刑場を開設」
とありました。
いずれにしても、
祈りの場にちがいありません。

寺伝はよくわからなかったのですが、
多くの慈悲を受けとめる一つのカタチ、
ってことなんでしょうか。



山門前には禅画をおもわせる構図も。

打出の小槌の大黒様ももともとは、
ヒンドゥー教のシヴァ神の化身である
マハーカーラのことだから…
ここにおられるのでしょうな。

「本壽寺」

宗派 :日蓮宗
所在地:神戸市中央区下山手通7-1-35