2016年2月23日火曜日

阪急七福神めぐり〜瀧安寺・弁財天


箕面の森には女性の七福神
弁財天さんがおられます。
箕面山 瀧安寺へ!!



弁財天とは 巳さんなので、
鳥居には 巳富 講と刻まれる。
「富」とあるのは、
宝くじの起源富くじ
箕面富」のこと。

江戸時代には多くの人々が、
箕面富の福を求めて押しかけ、
大賑わいだったそうです。
飛鳥時代に大瀧のもとで
弁財天の助法を受けて
悟道した役行者が、
報恩のため瀧のそばに
堂を建てたという、
寺伝にもとります。
役行者は66歳で
伊豆大島へ流罪となったあと、
のちに無罪として都に迎えられ、
68歳の時ふたたび箕面へ戻って、
山奥の天上ヶ岳から昇天されたとか…。
箕面山は悟道の地であるとともに、
終焉の聖地といわれています。
本堂の弁財天は水の神格で、
自然神として水辺に祀られます。
古代インドの河の女神
サラスヴァティー」が
ルーツなのだそうです。

瀬音から音楽・芸能の神として、
琵琶を抱える姿で描かれる弁財天。

奉納額には琵琶がそこかしこに。

瀧安寺の弁財天は
竹生島、江ノ島、厳島とともに
四弁財天の一として
知られているそです。

御開帳はなんと、
60年に一度なんだそうです。



帰り道すがらに母を背負う像。
あの笹川良一の姿だとか。

箕面といえば
箕面温泉スパーガーデン」。
日帰り入浴施設の
草分け的存在として健在!

そして箕面といえば…お猿さん。
ちかごろは
滝ノ道ゆずる」くんが、
あちこちに出没。



駅前には ゆずるくんの大理石像も。

もみじ天ぷら も ゆずるパッケ。

はまってしまって、
LINEスタンプまで
買ってしまいました。

箕面・瀧安寺 弁財天

 阪急箕面駅下車 北東へ約900m