2016年2月13日土曜日

神戸の異国教会めぐり【番外】 華僑ゆかりの地


華僑
(かきょう)
本国以外で暮らす中国人の総称で、
出身地は中国の福建省、広東省、
台湾、香港などさまざま。

神戸中華同文学校」の講堂棟。
大きなおへそのようにも見えますが、
中国古来の易学の八卦がモチーフ。
屋上の2本の角は龍を表しているとか。

講堂部分を龍の頭にみたてているそうで、
校舎全体が天に向かっての昇り龍、
学習向上の願いが表現されています。

「華文教育を通して
 中国人としての自覚を身に付け、
 徳、知、体の健全な発展をはかり、
 将来中日友好事業に
 積極的に貢献出来る人材の育成」を
教育目標に掲げておられます。

西南角にあった
孫中山先生来訪之地
1893年3月1日に
神戸・大阪の華僑社会の
社団として設立された
神阪中華会館」があったところ。

1913年3月13日に孫中山
ここを訪問したそうです。
1915年には舞子の
移情閣」建設に繋がりました。

東側には
「学校法人 神戸中華同文学校」。

横浜の中華学校では教育方針を巡って、
大陸系と台湾系で分裂したそうです。
でも神戸は割れなかったとか…
「華僑は政治的なことで
 分裂してはならない」
との
李校長の方針に多くの賛同が得られて、
今に至っておられるそうです。

1945年6月5日の神戸大空襲で、
校舎は焼失したため、
一時、神戸市立大開小学校の校舎を
市から借りて授業を再開されました。

しばらくして、
在神華僑の募金によって
1959年に新校舎が落成、
部分的な改修を繰り返されて、
半世紀近く校舎が使われています。

元タカラジェンヌの鳳蘭さん、
FM COCOLOのDJ MEMEさんの
母校でもあります。