2015年1月10日土曜日

時代が求めた1970デザイン展⑤ スペースエイジ


1970年の前年に人類は月に降り立った。
月に行ける時代、
宇宙戦争なんてのも始まるの?
1968年公開の
スタンリー・キューブリックと
アーサー・C・クラークの
始めから終わりまで
ほとんど会話がなかったのに、
名作と謳われているのも ふと不思議…
白と銀。
流線型や球体、曲線を持ったデザイン
手前のブルー&レッド&イエローは
Toot-a-Loop Radio
ひねると電源が入って、
最後までひねるとS字型に。
ころんとした丸いのは「Panapet R70
ガンダムに出てくるハロに似てるようにも…
スペースエイジなパタパタ時計
しっかりと時間を刻んでくれるのだが、
目覚ましがジリリ…と鳴って、
持ち上げちゃうと
パタパタと時間がズレるのは、
ご愛嬌ってこと???
スパイ大作戦に出てきそうな奴らも。
当時のホステスユニにはピタッとマッチ。
ダイスなのはレコードプレーヤー。
丸み加減が秀逸なのである(・ω・)v
これらは
椅子コレクションの一部。
奥のキャメル地のは「ジンソファ(1965)」
曲線美がまさに宇宙的な気分にさせるのか?