2014年4月30日水曜日

絵にみる和食通⑨ 季節の食・七草

季節をいろどる食を綴ってきましたが、
年の始に食べるのは「おせち料理」。
おせち料理の「節
(せち)」とは
節日(せちにち)」のこと。
節日のための料理すべてをさすのですが、
今では特に正月のために用意するものが
おせち料理と呼ばれるようになりました。
「春興七福遊 七草」喜多川歌麿 画
(東京・太田記念美術館) 

おせち料理が退屈になってきた頃…
そんな言い方をしてはいけないのですが、
一年の無病息災を願って1月7日に
作られるのが「七草粥」。

俎板
(まないた)に七草の菜をのせ
「七草なずな  唐土の鳥と
 日本の鳥と  渡らぬ先に
 七草なずな  手につみ入れて
 あみばし  とろき  ひつき  ちりこ
 げにげにさりげなきようにて
 物の大事は侍りけり」と...

六日の夜から七日の早朝にかけて、

俎板(まないた)の上に七つの道具をそろえて
七草を叩き刻んだのが「七草叩き
歳徳神の方に向かって叩いたのだそうです。

「春遊娘七草」歌川国貞 画
(東京都立図書館)
七種の道具というのもあって、 
 火箸・擂粉木(すりこぎ)・杓子・
おろし金・菜箸・火吹竹・割薪 など。
このときに唱える言葉が囃子歌「七草囃子」、
各地に伝わっているのですが、
地域によってさまざまなものが伝わるそうです。

七草にはこんな効能があるといわれます。
せり    消化を助け黄疸をなくす
なずな   視力、五臓に効果
ごきょう  吐き気、痰、解熱に効果
はこべら  歯ぐき、排尿に良い
ほとけのざ 歯痛に効く
すずな   消化促進、しもやけ、そばかす
すずしろ  胃健、咳き止め、神経痛

実は春の七草はすべて食せるけれど、
秋の七草はすべて
目であじわうものってのが、
面白いですね。