2011年7月26日火曜日

いざQVCマリンへ その弐「カモメの家」 

いざQVCマリンへ その弐をば・・・
「QVCマリーンフィールズ」
到着〜〜〜

































05Marines ASIA と掲げられた
「6冠達成モニュメント」が見える・・・
あの幕張大バーベキュー大会で、
タイガースを涙を流した2005年のか。














       
2005年10月22日


その周りには
バリケードで囲まれたエリアが、
この辺もかなり陥没が激しすぎるし、
地震の怖ろしさを実感させられる。

















6冠とは、
交流戦優勝、イースタンリーグ優勝、
ファーム日本選手権、パ・リーグ優勝、
日本シリーズ優勝、アジアシリーズ優勝
           で6つだとか。





















選手たちの手形が取り囲む。
ボビーとか













剛ポンとか












ミスターマリーンズ?の初芝清とか












そして・・・カモメの家こと、
「マリーンズ・ミュージアム」へ

















まずはビクトリーゾーン・・・・
「もうええぞ2005年」
  ツブヤキながら、
悔し涙を思い出しながら巡る。

















こちらは「胴上げ写真」
撮影できるというアトラクション。


















靴を脱いで階段を上り、
頭を奥にして仰向け寝でバンザイ。
エアー胴上げの出来上がりというわけか、
虎次郎は遠慮しておきました。



















「バッターボックス」・・・
里崎が構えとるぞ!!
足型はちょっと余計なお世話って感じ。

















「ブルペンゾーン」
奥はミラーになっていて、
なぜか踏み出すスペースがない不思議空間!
ホントどうして欲しいのか不明。

















「クラブハウス」
ロッカールームが再現されているので、
ファンにはヨダレものなんだろうな。
消火器がリアル再現なのかはナゾ。


















「ダッグアウト」と「外野フェンス」
ベンチ再現スポットだが、
フルスケールではないものの・・・
それなりに気分が味わえる。
SBOだからツースリーにしてみた。


















外野フェンスも忠実に再現されていて、
体当たりして感触を楽しんだが、
なんと試合後に
もっとリアルな体験をすることに。
(こちらは改めてレポします・・・)

人工芝は球場のフィールドに敷かれている
「アストロネクストターフ」というもの。


電気自動車式の旧リリーフカー。
イマはごっついボルボの車が乗り入れてるが、
こっちの方がらしいだが・・・・

















スタジアム前に置いてあった別バージョン、
なんかダイエーホークスみたいや。

















そして
2005と2010の
チャンピオンフラッグたち。
見せつけてくれるの〜〜〜(涙)
















お二階のレポはまた明日・・・