2011年7月30日土曜日

「うえの夏めぐり」リーリーとシンシンと初対面

















今年の2月21日にやってきた
リーリーとシンシン。




















































大震災の影響もあって、
一般公開は4月1日からだったけど、
職場のパンダ好きの後輩の
「見てきました」に触発され、
初対面を果たして来ました。

開門から並んでパンダ館に直行。。。
フタリとも食事中でした(・ω・)v


































































それにしても着ぐるみやないですよね。






















あっこれはヌイグルミ・・・・

日曜日プラス夏休みに入ったので、
混雑するのではとシンパイしていたのですが、
「おとなちゃれんじ」ゾーンは空いていました。
















すし詰め風パンダとか・・・


















中国での名前は
比力(ビーリー)仙女(シィエンニュ)
ともに5歳の彼らたち、人間でいうと
18~19歳ぐらいのお年頃。


「仙女」とは天女のことなんだそうで、
一方の「比力」は里親の好きな名で
特に意味はないのだと言います。

















でも新たな名前が必要なのかは分からない

実はこんな事情があるそうだ・・・
中国のパンダ保護研究センター生まれの
彼らには餌代など養育費を負担してくれた人、
つまり里親 がいたのだそうだ。

















これからは上野動物園が「里親」ってことに、
その意味では「上野」に相応しい
名前を新たにつけてほしいという

中国側の意向があったと伝わります。































名前の意味はほぼ中国語名に近い、
男のコは「力持ち」、女のコは「純真」、
「力力」「真真」、
日本に一番イマ必要な「真のチカラ」。
とってもいい名前やと思いまふ。















































食べ終わってベッタリ・・・・
こんな姿も見れてラッキーやな(・ω・)v
また会いに行きまふ!!!!