2011年2月18日金曜日

TARO100《無籍動物》

1960年に開業した
「戸倉上山田ヘルスセンター」という
巨大なレジャー施設にあった巨大彫刻が、
 《動物》 という不思議な生き物。

















「大人も子供も遊ぶときはみな同じ、
           無邪気なものを」
     というのが太郎さんのイメージ。

高さ4メートル、幅5メートル近くあった
コンクリートの怪物は犬とも猪とも??
当時は 《無籍動物》
 名付けられていたようです。

擬人化されたような風貌には
  目には大きな穴が・・・
どこかでみたような造形だと思っていたら、
土偶とかに見られる
「目のカタチ」と似通っているようにも。












 縄文後期、宮城県出土、動物形土製品


太郎さんは本来あるべき目を抜くことで
表情や感情というちょうこくの持つ意味を消し、
視点を自由にさせることで観る者の創造力を
無限に広げさせようとしたのかも知れません。

完成当時は子供たちが彫刻の背中によじ上り、
目をくぐり抜けて遊んでいたといいます。
顔の裏側から
《動物》
の視点で覗くことができた・・・

太郎さんの仕掛けが
ここにあったと言われています。


現在は「戸倉メリーランド白鳥園」って
施設になっていて、
開園当時に置かれた
小型の《動物》が健在です。