2011年2月11日金曜日

TARO100《雪の女神》

今日は大阪の平野部でも
雪が積もっています。
今週末まで北の大地は、
「さっぽろの雪まつり」
 にぎわっていますね。

1979年に30回を迎えたイベントは、
岡本太郎さんにバッジ、メダルの
デザインを依頼したそうです。





そして雪像
《雪の女神》








「札幌の雪まつりには前々から関心をもち、
 一度はぼくの作品を
 いかす機会がないかと思っていた。
 たまたま数年前、テレビでみていたら
 雪まつりでぼくの太陽の女神の
 モチーフで作られた雪像が、
 自衛隊の戦車で壊され、
 女神の顔がごろんと
 転がるシーンを目にしたとき、
 思わず涙が出た。
 芸術家にとって自分の作品は
 子供と同じにかわいいし、大事なものだ。
 わずか5日間でこわさ れるのは
 寂しくてやりきれない。
 終了後その雪像を銅像で
 復元してくれるのならやり甲斐がある」
    と・・・

実際はデザインの銅像は実現せず。
もし実現していればな〜と思いますが。

「素材は雪、
 私のデザインがどう変わってもいい。
 それよりもみんなが子供の心にかえって
 騒げる雪まつりはすばらしい。
 世界のまつりだ。」