2009年12月28日月曜日

浜崎あゆみの歌声 その先に・・・

大晦日の紅白は 浜崎あゆみ さんが
 一番はじめに唄う。


昼間にテレビを見ていたら、
今年の注目曲っていう特集をやっていた。
「こども店長」「アヒル猫?」
  CMソングがトップテン入り。


EXILE以外は今年の曲じゃなかったし、
紅白でもメドレーものや
2009バージョンなんかが並ぶ。
うーんヒット曲というよりも、
なんか『蒼い***』が iTuneでも
ダウンロード記録を出したりね。

来年こそスッキリとした
話題曲が欲しいところですね。



大塚愛 さんの「Is」、ゆず「逢いたい」
絢香 さんの「みんな空の下で」に、
バンクーバー五輪に出場する
安藤美姫さんが応援にかけつけるって、
サプライズをちょっと期待!!


最近 声が出ていないと言われる 浜崎あゆみ さん。
「evolution」を唄った番組でのシーンでは、
声が出なくなり、カメラに背を向けた、
その後、苦笑いの表情を浮かべ
「ゴメン!!」と叫んだり。。
ちょっと心配だが。。。


紅白のトップバッターは自身の
カウントダウンライブのため。
忙しい大晦日に体調が気にかかる。



その 浜崎あゆみ さんの
新曲「You were...」が、
イメージソングになってる
『ティンカー・ベルと月の石』を見てきた。
さすがに冬休みでちびっ子でごった返していた。

映画の方は、
人間の世界に四季を届ける使命を果たすため、
秋の準備に取りかかる

ティンカー・ベルら妖精たちの物語。
妖精たちの宝物 “
月の石” を納める
聖なる杖” を作るためへのティンカーの旅。



映画関係のライターの 森直人さんによると、
「ピクサーのような“オトナの観客”を
 感動させるレベルではない。
 いわゆる子供向けなんだから、
 上から目線で
 「こんな感じでいいんだろ」みたいな、
 悪い意味で “ オトナの判断 ” を
 感じさせる域にとどまっているのである。」


こんな辛口のレビューを読んでいたのが、
なんかオトナ観してしまったようだ。。。
それはともかくとして、
最近のアニメって最後はアナログな雰囲気の
エンドロールが流れていた。
でも最後まで座っていたけど
あゆの曲って流れなかったような。。。

ただとにかく例の3D にしなくてよかった。
平面的なスクリーンに立体性を出すアニメに、
3Dはホントに居るのかと思っているし、
すくなくとも「おとぎ話」は
絵本を読んでもらってるような感じを
大切にした方がいいのでは?と思う。

その先へ先へと進むテクノロジーが、
ホントに発揮できているのかは
これからにかかっているのかも知れない。

そういえば紅白の赤組のトリは
ドリカム「その先へ」
2010年って
  映画もどんなふうになるんやろか。