2009年1月25日日曜日

「区切り」とは??



今日 1月25日は、
朝日新聞が
 創刊された日。

1879年
 明治12年から
数えて130年
ということになる。












明治大学の 川島高峰 准教授 が提唱されている
「新聞こそが教養の源」というのがあります。
ネット時代が進めば新聞って要らなくなる。
部数は激変しましたが廃刊になることは、
      ないのやと思います。


アスパラクラブの
 「情報リテラシー講座」にこうある。

「「情報リテラシー」の授業で、
 時事問題と新聞の活用を思い至ったのには理由がある。

 昨今の学生は、殆どパソコンを持っていて、自宅から
 普通にネットへアクセスしている。そのせいか、最近、
 新聞を見ない若者が増えた。新聞はともかく、
 テ レビのニュースくらいは見ているだろうと思いきや、
 ニュース番組を見ている若者も余りいない。
 皆、「ニュースはネットで充分」と言うのである。
 一方で、
  最近の若い人は世間のことを知らないとよく言われる。」

クイズ番組ではおバカキャラが大流行り。
首相の読み間違えまでが日々綴られる。
ネットで気に入ったページだけを見続けると、
深くなりすぎて新しいネタに会えない。


川島高峰 准教授はこうも言われる。。。

「ネットには深く接しているのに世の中を知らない。
 しかも、わかっていない のは、社会のことだけではない。
 「君は一体、何をしたいの?」と聞か れても、
 どう答えていいのかわからない学生が増えた。
 自分のことがわからないのである。
 自分のことにしか興味がないのに、
 自分のことがわからない。」

このことは、、
姜尚中さん『悩む力』
     通ずる話かもしれない。

「 世には情報が溢れ、
 いつでもネットを通じて入手できるのに、
 どうして自分を見つけることができないのか? 
 それは、自分のことにしか興味を持てない限り は、
 自分のことなどわかるようにはならないからだ。
 人は他者と出会うことで初めて自己と出会う。
 だから、自分のことが知りたければ、
 出会う世間や情報は広いほうがいい。」



ブログのタイトル「区切り」の話に移る。
虎次郎もパソコンを触る時間が長い。
どこかで制約を付ける方がよりよい時がある。
虎風ブログのオフ会で、
「どれぐらいの時間で更新しているのか?」
 と聞いてみた。
「1時間と決めています。」とのこと。

仕込みはいろいろとあろうが、
どこかで「区切り」を付けられているからこそ、
 ええもんが出来るということ。


新聞というのはある時間で取りまとめがなされる。
「「私」と出会うために必要なことは、
 「今だけ、ここだけ、私だけ」という
    「区切り」である。
 「区切り」のない世界に常時いると、
 座標軸のない空間を浮かんでいるような感覚に陥る。
 ネットで充分と思っているのに、
 自分のことも世間のことも
   わからなくなる理由がここにある。」


夜が来るから朝がある。

気持ちの切り替え、
「区切り」の付け方。。。
これからも大切にしていきたい(・ω・)v







←ランキングにポチットな(・ω・)v